失明の危険性も!?猫の目が白濁する3つの原因



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

猫の目が白く濁っていると気付いたら、

それは猫の目に何らかのトラブルが起きている兆候です。

 

今回は、猫の目が白濁してしまう3つの原因を紹介するとともに、

病院で行われる治療についても解説していきます。

スポンサーリンク

 

猫の目が白濁する3つの原因

「いつもはキレイな猫の目が、何だか白く濁って見える……」

そんなふうに感じたら、それは猫の目に

何らかの異常が起こっているサインです。

まずは、猫の目が白濁する原因について詳しく紹介していきます。

 

1.角膜炎

猫の眼球全体が白く濁って見えるときは、角膜炎の可能性があります。

 

角膜炎の場合には眼球が白濁するほかに

足で目を擦ったり、涙を流したりといった症状が見られることも。

 

また、眼球内に毛細血管が浮いて見えるようになることも、

角膜炎の特徴の一つです。

 

角膜炎の原因として考えられるのは、

ケンカや異物の混入などによる目の外傷や、

ヘルペスウイルスへの感染などです。

 

また、理由は分かっていませんが、

ペルシャやヒマラヤン、シャム、バーミーズといった猫は

特に角膜炎を起こしやすいことが分かっています。

 

2.白内障

猫の瞳孔が白濁している場合には、

白内障にかかっていることが考えられます。

 

白内障を発症した猫は視力が低下し、障害物にぶつかったり、

壁伝いに歩いたりといった様子を見せるようになります。

 

白内障の原因には、先天的な異常や糖尿病などがありますが、

まれに外傷による水晶体の損傷によって発症することも。

 

また、ペルシャやヒマラヤン、バーマンといった品種では、

遺伝的に白内障になりやすいことが分かっています。

 

飼っている猫がこれらの品種か、これらの血を引いている場合、

白内障には特に気をつける必要があるでしょう。

 

3.水晶体脱臼

虹彩の奥にある水晶体が何らかの事情で固定されなくなり、

前や後ろに動いてしまうことが原因で、

猫の目が白濁することがあります。

 

角膜がむくんでいたり、瞳が小刻みに揺れていたりするときは、

この水晶体脱臼を疑うようにしてください。

 

先天的な異常やブドウ膜炎といった病気のほかに、

眼球内に出来た腫瘍がこの症状の引き金となることも。

スポンサーリンク

猫の目が白濁したら……どんな治療をするの?

猫の目が白く濁っているとき、

どんな治療をすれば治すことが出来るのでしょうか?

ここでは上で紹介した原因ごとに、病院での治療法を紹介していきます。

 

1.角膜炎

角膜炎の程度が軽い場合には、

抗生物質抗炎症剤を用いて傷の治りをサポートしていきます。

 

猫の免疫力に問題がなければ、

一週間から数週間で完治することが多いでしょう。

 

重症で失明の危険性がある場合には、外科手術を行うことも。

 

2.白内障

残念ながら、白内障を完全に治す方法はまだ見つかっておらず、

対症療法をとることになります。

 

初期の段階では点眼剤内服薬によって

白内障の進行を遅らせることが可能ですが、

すでに進行してしまっている場合、

外科手術によって白濁した水晶体を摘出することになるでしょう。

 

摘出した水晶体の代わりとして、

人工の眼内レンズを装着する技術も確立されています。

 

3.水晶体脱臼

脱臼の程度によっては点眼剤による治療が有効ですが、

場合によっては水晶体の摘出が必要になる可能性も。

 

猫の目の状態をよく検査してもらい、

症状に合った治療を受けることが大切です。
実は危険な病気のサインだった、猫の目の白濁。

飼い猫の目が少しでも濁っているように見えたときは、

すぐに病院を受診するようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ