猫が目から出血!?考えられる3つの原因&応急処置


https://www.flickr.com
https://www.flickr.com

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

「猫が目から出血している!」と気付いたら、

それは猫の目や体に何らかの異常が起きている証拠です。

 

今回は、猫が目から出血する主な原因を解説するとともに、

飼い主に出来る応急処置についても紹介していきます。

スポンサーリンク

猫が目から出血する3つの原因

猫の目から出血が見られるとき、

猫の目や体には何らかの異常が起こっていると予想されます。

まずは、考えられる主な原因について詳しく解説していきます。

 

1.ケンカなどによる目の怪我

猫同士でケンカをしたり、目に異物が入ったりすることで、

猫が目から出血することがあります。

放置すると傷口が化膿して、最悪の場合失明してしまうケースも。

 

傷口の状態がひどければ、眼球の摘出が必要になる可能性もあります。

 

2.結膜炎

猫の目やにに血が混じっているという場合には、

結膜炎にかかっていることが考えられます。

 

異物の混入といった物理的な目のダメージだけでなく、

アレルギーや感染症といった病気が結膜炎の原因となることも。

 

結膜炎の種類によってはほかの猫にも感染する危険性があるため、

猫を多頭買いしている場合には、

感染が広がらないよう特に注意が必要となってきます。

 

いくつかのウイルスやクラミジアが原因となる結膜炎は、

ワクチン接種によって予防することが可能です。

 

3.前房出血(ぜんぼうしゅっけつ)

猫の眼球内部、特に虹彩(黒目)の部分に出血が見られるときは、

前房出血を起こしている可能性があります。

 

瞳が真っ赤になる前房出血は、見た目こそショッキングですが、

これ自体はさほど深刻な症状ではありません。

出血量が少なければ、

何もしなくても血液が体内に吸収されて完治するほどです。

 

心配なのはむしろ、血管の異常やブドウ膜炎

慢性の緑内障といった前房出血の原因となる病気です。

 

猫が何度も前房出血を起こす場合には、

こういった疾患を抱えているケースが多く、

それらに対する根本的な治療が必要となってきます。

スポンサーリンク

猫が目から出血……どんな治療をするの?

猫の目から出血が見られたら、

すぐに動物病院を受診することが大切です。

病院では、個々の症状に合った治療を受けることになります。

 

たとえば、外傷によって猫が目から出血している場合、

原因となっている異物を取り除いたり、

傷口を縫合したりすることになるでしょう。

 

傷口の化膿を防ぐため、抗炎症剤を投与することも多いようです。

 

また、結膜炎のために目から出血しているときは、

結膜炎を引き起こしている原因に合わせ、

抗生剤やインターフェロンを用いて治療していきます。

 

猫が前房出血を起こしている場合には、

その原因となっているブドウ膜炎や緑内障といった病気に合わせ、

点眼剤や結膜下注射による治療が行われるでしょう。

 

猫を含む動物にとって、目はとても重要な器官。

いずれの場合でも飼い主が医師とよく相談し、

納得の出来る治療を受けさせることが大切です。

 

 

猫が目から出血していたら、

放置せずにすぐ病院に連れて行くようにしてください。

普段から猫の目をよくチェックするだけでなく、

目やにの色なども観察することで、いち早く異常に気付くことが出来ますよ。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ