猫アレルギーかな?と思ったらまず検査!!放ってはダメな理由


猫アレルギーかなと思ったらまず検査!!放ってはダメな理由

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

猫アレルギーを疑った場合、

自分で判断せず、

まずは皮膚科か内科で検査をしてみましょう。

 

自分ではアレルギーと思っていた事が、

実は違った、という事も少なくありません。

 

今回は、検査の必要性を実体験を交えつつ、

検査の種類等をご紹介します。

スポンサーリンク

 

猫のアレルギー検査は行うべき

アレルギーに関し、分かっていない事は多々あります。

 

これだけを聞くと、

検査を受けたところで、きちんとした結果は分からない

と、判断してしまう方も多いでしょう。

 

しかし、それはアレルギーの怖さを分かっていません。

 

例えば、猫を触った時、

発疹やくしゃみ、喉の不快感等の症状が出た場合、

多くの人は猫アレルギーと判断する事でしょう。

 

しかし、検査をしてみると、

猫ではなく、ノミ・ダニ等のハウスダストに

アレルギー反応を示しているという結果が出る事も少なくありません。

 

また、猫アレルギーの症状は、アトピーや喘息に似ている点が多々あります。

 

「猫に触れたら、アレルギー症状が出たから、猫アレルギー」

とは決め付けず、1度、検査をして下さい

 

特に、猫を飼っているお宅では、

自己判断で猫アレルギーとするのはオススメしません。

 

猫アレルギーになってしまったからと言って、

里子に出したり、部屋に閉じ込めたりする事は悲し過ぎます。

 

 

例えば、ファブリックやカーテン等をこまめに掃除するだけで、

アレルギー反応があまり出なくなったという飼い主さんも多くいます。

 

動物を飼う時、息を引き取るまで面倒を看ると決意して

飼っている方がほどんどかと思います。

 

人間の体も大切ですが、猫にも心がある事を忘れず、

譲歩し合える、いい関係を築いていけたら良いですね。

スポンサーリンク

【体験談】猫カフェで猫アレルギー発症?!

1年程前、

友人が猫を飼いたいと話していたので、

予行練習として猫カフェは行きました。

 

私は猫は好きですが、

とても清潔な猫以外を触るとアレルギー反応が出てしまうので、

触りませんでした。

 

友人は好みの猫のタイプも分かり、一息ついていると、

「首が痒い」と言い出しました。

 

よく見ると、

発疹がうっすらと出来ており、目も赤くなっていました

 

この症状から、友人は

猫アレルギーだから猫は飼えない

と落ち込んでいました。

 

そして数か月後、その友人は病院で血液検査をした際、

ついでにアレルギー検査をしたそうです。

 

その結果、

猫に対するアレルギー反応は出ず、

ノミ、ダニに対して反応したそうです。

 

その猫カフェが特別汚かった印象はありませんでしたが、

それでも、猫にはノミ、ダニが付いてしまう事があります。

 

まだ、猫を飼う前でしたから

「猫アレルギーでは無くて良かった」と笑えましたが、

飼ってしまってからでは、飼い方を変えていたかもしれません。

 

この事から、専門的な知識が無い人間が

自己診断する事のいい加減さを学びました。

 

猫アレルギーの検査の種類

猫アレルギーの検査は主に血液検査が主流です。

 

血液検査の場合、

主に猫のフケにアレルギー反応を示すか否かを検査します。

 

これは猫アレルギーを発症する方の多くが、

猫のフケにアレルギー反応を示している為です。

 

また、猫だけでなく、ノミ、ダニ、犬、食材、等、

様々なアレルギーの原因の検査も同時に出来るので、

血液検査を勧める医師が多いです。

 

また、

皮膚上に血が出ない程度の小さな穴を開け、

そこにアレルゲンとなる薬液を入れ、

反応を診るプリックテストという検査方法もあります。

 

これに似た検査で、皮内テストという、

少量のアレルゲンを皮膚内に注射し、

反応を検査する方法もありますが、

アナフィラキシーショック(別名:過敏性ショック)を起こす事がある為、

現在ではあまり信頼性が無いとされています。

 

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ