実は不調の兆候!?猫が目をしょぼしょぼさせる5つの原因


実は不調の兆候!猫が目をしょぼしょぼさせる5つの原因

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

猫が目をしょぼしょぼさせていることはありませんか?

 

実は、猫が目をしょぼつかせるとき、

その体には何らかのトラブルが起こっていることが多いのです。

 

今回は、猫が目をしょぼしょぼさせる多種多様な原因を紹介するとともに、

飼い主がやってはいけない応急処置についても解説していきます。

スポンサーリンク

 

猫が目をしょぼしょぼさせる5つの原因

飼い主がカーテンを開けるなどして、急に部屋が明るくなったときに、

猫が目をしょぼしょぼさせるのは普通のことですよね。

しかし、猫がいつも目をしょぼつかせていたら、

それは猫の体に何らかの異常が起きているサインです。

まずは、考えられる5つの原因について紹介していきます。

 

1.結膜炎や角膜炎

異物が混入したことによる目の損傷や、

猫風邪などの感染症が原因となって結膜炎や角膜炎が起こり、

猫が目をしょぼしょぼさせることがあります。

 

このときに見られる目やにを放置すると、

瞼がくっついてしまい失明する危険性も。

 

2.流涙症

猫の涙は普通、涙管を通って鼻の方へと排出されています。

何らかの事情で涙が正常に排出されなくなり

行き場を失った涙が目からあふれるようになるのが、

この流涙症という病気です。

 

鼻の低いペルシャなどの猫は、

特にこの流涙症になりやすいと言われています。

 

3.眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)

人間における「逆さ睫毛」と同じ状態です。

瞼が内側にめくれるせいで、睫毛によって角膜が傷つけられ、

痛みから猫が目をしょぼつかせるようになります。

 

症状がひどい場合には、外科手術による治療が必要になることも。

 

4.花粉などによるアレルギー

花粉やハウスダスト、ダニやノミなどが原因で、

猫がアレルギーを起こすことがあります。

 

アレルギーを発症した猫には、

花粉症の人間と同じように目をしょぼしょぼさせたり、

かゆがったりといった様子が見られます。

 

5.タマネギなどの成分による刺激

タマネギやネギ、ニンニクといった食べ物が、

猫にとって有害であることは広く知られていますよね。

実は、人がこれらを刻んだり炒めたりするだけで、

空気中に拡散された成分が猫の目を刺激することがあるのです。

 

大事に至ることは少ないものの、これらの食べ物を調理する際は、

猫をなるべく離れた部屋に隔離するとよいでしょう。

スポンサーリンク

安易に市販の目薬を猫に使うのは危険!?

猫が目をしょぼしょぼさせていたら、

目薬を差してあげたらどうだろう?」と考えるかもしれません。

 

しかし、このとき手近にあるからと言って

人間用の目薬を猫の目に差すことは厳禁です。

 

そもそも、猫と人間はまったく違う生き物。

人間にとっては有効な成分でも、

猫にとっては毒である可能性もあり、逆効果になりかねません。

 

それなら市販犬猫用目薬ならいいかというと、

こちらも素人判断で使うことは避けた方が賢明です。

 

たとえば、多くの犬猫用目薬に入っている

ステロイドという成分は、痛みやかゆみを抑える効果はあるものの、

傷の治りが遅くなるという一面も持ち合わせています。

 

つまり、猫が目をしょぼつかせている原因が、

角膜などについた傷だった場合、

ステロイド入りの目薬は傷を悪化させてしまう可能性があるのです。

 

そのため、猫が目をしょぼしょぼさせていたら、

思い込みで市販の目薬を使用することは避け、

信頼できる病院を受診することが大切だと言えるでしょう。

 

 

さまざまな不調が原因だった、猫が目をしょぼしょぼさせるという行為。

素人判断で猫に目薬を使うことは避け、

病院で適切な治療を受けさせるようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ