【丸い尾で社交的な猫】アメリカンボブテイルの性格と特徴


【丸い尾で社交的な猫】アメリカンボブテイルの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はアメリカンボブテイルの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

アメリカンボブテイルの由来

アメリカンボブテイルの歴史が始まったのは、1960年代アメリカでのことでした。

 

アリゾナ州のリゾート地を訪れていたサンダース夫妻が、

短い尻尾をした縞模様の猫を拾ったのです。

 

夫妻がこの猫と、もともとの飼い猫であったシャム猫を交配したところ、

すべての仔猫が短い尻尾を持って生まれてきました。

 

このことから、短く丸い尻尾は優性遺伝だと判明します。

 

その後、夫妻の友人であるリーハ・エヴァンズをはじめ、

ブリーダーたちが丸い尻尾の仔猫を引き取り、本格的に品種の確立を目指すことになりました。

 

 

アメリカンボブテイルがTICA(国際猫協会)に認められたのは、1989年のこと。

 

現在ではメインクーンとの交配が認められており、

「短尾のメインクーン」と称されることもあります。

スポンサーリンク

アメリカンボブテイルの特徴

アメリカンボブテイル最大の特徴は、なんといってもその丸い尾にあります。

短い尻尾にはそれぞれの個性があり、

まっすぐな尾や巻いた尾など、個体によって違うのも愛される理由の一つ。

 

 

がっしりとした体つきや、

顎の発達した精悍な顔つきから感じる野生的なオーラにも、

ほかの猫とは違うワイルドな魅力がありますよね。

 

アメリカンボブテイルの性格

そんなアメリカンボブテイルの性格は、意外にもおとなしくて社交的。

誰とでもうまく付き合うことが出来るので、

ほかのペットと一緒に暮らすことも可能です。

 

非常に活発な性格なので、遊んであげるととても喜んでくれますよ。

 

一般的な体重は3kg~7kgで、やや大きめな部類に入ります。

平均寿命は14~18年と長く、

大切な家族の一員として迎えるのにぴったりの品種だと言えるでしょう。

 

アメリカンボブテイルを飼う際の注意点

アメリカンボブテイルは体力があり、運動することが大好きです。

 

運動不足でストレスを感じることがないよう、

体重に耐えるしっかりとしたキャットタワーなどを用意して、

家の中でも十分に遊べる環境を作ってあげてください。

 

また、アメリカンボブテイルは食欲旺盛で

よく食べるので、肥満にも繋がり易いです。

 

運動をしやすい環境を整えるとともに、

食べすぎることのないように、食事の管理にも気をつけてあげてくださいね。

 

 

また、アメリカンボブテイルは非常に好奇心と冒険心の強い品種です。

 

家の外へ逃げ出してしまうと、

二度と戻らない可能性もあるため、

その点にも注意することが必要です。

 

被毛のお手入れについては、それほど手が掛からないでしょう。

 

なぜなら、アメリカンボブテイルの被毛は、

もつれにくい毛並みなので、1日に1回のブラッシングで十分だからです。

 

手触りが悪くなったと感じたら、シャンプーをしてあげましょう。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ