【猫の不思議なしぐさ】可愛い足で“ふみふみ”その理由は?!


【猫の不思議なしぐさ】可愛い足で“ふみふみ”その理由は!

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

お気に入りの毛布や人のお腹の上でふみふみする猫。

ずっと見ていたいけど、あまりし過ぎると心配になるし、

全然してくれないとちょっと不満に思う飼い主さん。心配はつきませんね。

 

そこで、猫はどうしてふみふみするのかお話します。

スポンサーリンク

 

なぜ猫は足をふみふみするの?

猫が毛布や私たちの体の上で、

ゆっくり前足を交互にグーパーこねるように

ふみふみしている姿を見ることは多いと思います。

 

ほとんど恍惚状態になっていることもありますが、

その理由はいくつか考えられます。

 

子どもの頃の母猫の記憶

もともとふみふみ行動は、

子猫の時期に、母猫の乳房に刺激を与えて分泌を促すこと、

お乳の出をよくするところからきています

子猫たちは、ふみふみしながら母猫の母乳を飲んでいるのです。

 

大好きなお母さんの臭いや感触を思い出しているのです

 

飼い主さんへの愛情表現

猫がふみふみしているときはリラックスしているときですが、

飼い主さんの体の上でふみふみすることもあります。

 

そのとき猫は子どもの気分で接しています

無条件で自分を受け入れて入れてくれる飼い主さんへの愛情表現も理由の一つです。

 

猫にとってはお母さんのように安心できる存在なので、

不安を感じるときや慣れていない人に対しては行いません。

 

マーキングとしての行為

猫は全身被毛でおおわれていますが、唯一肉球に汗腺があります

そこから出る自分のニオイを好きな相手につけるマーキングとしての目的も、

その一つと考えられています。

 

もともと縄張り意識が強い動物ですので、大好きな人にニオイをつけることで、

「僕のお母さんだ」といったような意味合いが込められています。

 

猫がふみふみする理由の根底には、

愛情が込められているといえますね!

スポンサーリンク

後ろ足のふみふみはどんなときするの?

猫が前足でふみふみしているとき、後ろの足も一緒に動いていることも多いですが、

特に後ろ足だけでふみふみしているときがあります。

 

たとえば、雌猫が頭を下げてお尻を高く持ち上げた姿勢

後ろ足をふみふみしている姿を見たことはありませんか?

 

それは発情期の雌猫に多く見られる行動です。

特に避妊手術前に多いですが、手術後でもすることがあります。

この頭を低くしてお尻を持ち上げる姿勢は、

もともと子猫が母猫に肛門をチェックしてもらうためにする行為です。

 

わが家の去勢手術をしている成猫ですが、私たちが横になっていると、

顔に向かってお尻をグ―と持ち上げて、肛門がつきそうなくらい寄せてくることがあります。

 

お尻のあたりの毛がくすぐったく、

うんちをした後だと少しニオイが残っているときもありますが、

親しみをこめたその姿に思わず微笑んでしまいます。

 

また、雄猫がふみふみしながら腰ふりをすることがありますが、

これも発情期に多い行為といわれています。

 

かつてわが家で飼っていた雄猫が生後6か月くらいのとき、

大きなぬいぐるみの頭の上に乗ってその行為をするようになりました。

 

その後やたらとあちらこちらに

ニオイの強いオシッコをするようになりましたので

医師に相談して去勢手術をしました。

 

その後行為はなくなりましたが、

猫によっては手術後でも続く場合もあるとのことです。

 

後ろ足のふみふみやそれに伴う行為には、

発情期にかかわる原因も多いようです。

 

よく観察して去勢手術など状況に応じた対応が必要になってくることもあります

 

ふみふみする猫としない猫ってどこが違うの?

猫のふみふみは基本的に乳離れする前の子猫の行動です。

 

離乳前に母猫から引き離されてしまった猫は、

親の愛情を充分に感じられないままおとなになってしまったことで、

ふみふみするといわれています。

 

他にも、猫が毛布や人間の腕や耳たぶなどに

チューチュー吸い付くことがありますが、

この行動も母猫から早く引き離されたことで、

その満たされない思いを取り戻そうとする行為といわれています。

 

母猫に育てられている子猫が、

離乳時期に母乳が出なくなっても乳房への行為を続けていると、

母猫は軽く威嚇したり猫パンチをしたりして子猫に教えています

その過程を通じて子猫はおとなになっていくのです。

 

 

ですが、ペットショップなどの猫は、

早い段階で母猫から離している場合もありますので、

ふみふみをする猫が増えていると考えられます。

 

ふみふみしない猫は、親離れができたおとなの猫であるともいえます

 

 

ですが、猫によってその要求度にも差があり、性格も違います。

ふみふみし過ぎて心配したり、

ふみふみしてくれないから不満に感じたりすることもあるかもしれませんが、

 

飼い主さんがコントロールすることは難しいといえます

猫の個性を大切にしてやさしく見守ってあげましょう!

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ