【アレルギーは顔に出る!?】人間と猫のアレルギー反応


【アレルギーは顔に出る!】人間と猫のアレルギー反応

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

アレルギー反応は体だけでなく、顔面にも現れます。

顔だけが特別であり、大丈夫という事はありません。

 

むしろ、晒されている分、

その症状が分かり易い事もあります。

 

今回は、猫、人間、共にアレルギーによってみられる顔の症状をご紹介します。

スポンサーリンク

 

ワクチン接種によって顔が腫れる

年に1回のワクチン接種を行う際、

飼い猫の体調が万全の時に動物病院へ行く事でしょう。

 

飼い主さん達は、

それを当たり前の事として行うでしょうが、

それは猫にとって嬉しい、きちんとした理由があります。

 

まず、

体調が悪い時にワクチンを接種してしまうと、

ウイルスが体を侵食していき、

予防の為に摂取したウイルスが悪さをしてしまう為です。

 

これは獣医師からも言われる事がある注意点です。

 

 

そして、もう一方が、

突発性のアレルギーを防ぐ為です。

 

アレルギーには、

先天性(生まれながらの物)後天性(生活環境等から生じた物)があります。

突発性の場合、後天性に似ている点もあります。

 

しかし、

後天性は生活環境の中で徐々にアレルギーになっていく為、

今まで大丈夫だった物が突然ダメになる事はありません。

 

ところが、

突発性はその瞬間、アレルギーになってしまう為、予測が出来ません

 

そして、突発性の場合、

免疫力が低下している時に引き起こす事が多いです。

 

その為、

ワクチン摂取は猫が元気な時に行う事をオススメされるのです。

 

そうでないと、

目が腫れて開かなくなってしまったり、

鼻水を垂らし続けたりと、体に不調が出てしまうのです。

猫アレルギーは顔に出る?!

猫アレルギーを発症し、

意外と気付かないのが、顔の腫れです。

 

多くの飼い主さんは、

発疹や鼻水、喉の不快感にばかり気にしてしまいがちですが、

顔面にも不調は現れています。

 

かく言う私も、

猫アレルギーではありますが、

顔の腫れについて気付いたのは、つい最近の話です。

 

 

先日、飼い猫が脱走していました。

 

部屋の換気をしようと、網戸を閉めていたら、

その網戸を開けて、更には閉めて、猫が外に出ていました。

 

そうとは知らず、

窓ガラスを閉めようと窓辺に立つと、

飼い猫がマンションの裏庭から、こちらに向かって駆けてきました。

 

何処で遊んでいたのかは分かりませんが、

片目から涙を流し、体は薄汚れていました。

 

その日は多忙の為、

明日、お風呂に入れようと思い、その日は寝ました。

 

そして翌日、

顔を洗おうと洗面台の前に立つと、

目が腫れ、片方の頬だけが虫歯の様に腫れていました。

体の所々に発疹も出ていました。

 

その場で入浴し、アレルゲンを落とし、

顔を直ぐに冷やしましたが、あまり効果はありませんでした。

 

それからというもの、1階にある私の部屋の前には、

飼い猫であるメス猫を目当てに、野良のオス猫達が集まる様になってしまいました。

 

普段は、猫アレルギーの症状として、

主にくしゃみと鼻水が多いのですが、

その個体や時期等による変化で、症状は変化する様です。

 

顔に症状が出てしまうと、

仕事や学校へ行くのも恥ずかしくなってしまいますから、

入念なチェックは必要と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ