【その注射、ちょっと待った!】猫がアレルギー反応を起こす注射


【その注射、ちょっと待った!】猫がアレルギー反応を起こす注射

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

『飼い猫に混合ワクチンを打たせよう!』

と、検討している飼い主さん。

ちょっと待って下さい!

 

猫は注射でもアレルギーを起こす事があります

 

今回は、

混合ワクチンに関する知っておくべき知識と共に、

猫アレルギーを注射で治す方法等をご紹介します。

スポンサーリンク

 

猫が混合ワクチンの接種でアレルギー反応を起こす理由

猫は薬により、アレルギー反応を示す事があります。

 

原因においては、様々な事が言われていますが、

主な治療法としては、

そのワクチンに使われているどれか1つが原因とし、

それを摂取しない事としています。

 

その為、主な対処法は、

  • アレルギー反応を抑える薬を注射してから、混合ワクチンの注射を打つ
  • アレルギー反応を起こした混合ワクチンとは別の会社の注射を打つ

 

ワクチンを製造・販売している会社は1社ではありません。

例えば、

飼い主さんが同じと思っている3種混合ワクチンであっても、

製薬会社によって、多少の違いがあります。

 

混合ワクチンの注射を受けない

混合ワクチンは、事前に病気を防ぐ為に摂取するものです

注射により、体調に異変が出るのであれば、

注射そのものの中止を勧める獣医師も少なくありません。

 

また、混合ワクチンには、生ワクチン不活性ワクチンの2種類があります

スポンサーリンク

生ワクチンとは?

生きたウイルスを注射する為、

摂取後に体内でウイルスが増えます。

 

そのため、摂取するワクチンの量は少量で済みます。

つまり、猫の体にかかる負担が抑えられるという事です。

 

 

しかし、ウイルスとは、体にとっては毒と同じです。

 

免疫力が著しく低下している猫や、高齢の猫の場合、

ウイルスが予防としてではなく、病気として発症してしまう事があります

 

また、抗体が1年で消滅してしまう為、年に1回の接種が必要となります。

 

不活性ワクチン

死んだウイルスの抗原のみを注射する為、

ワクチンによる影響で病気を発症する事はありません

 

しかし、

ウイルスが死んでしまっている為、

体内でウイルスが増える事はありません。

 

その為、

大量のワクチンを打たなくてはいけない為、

体に負担をかけてしまいます。

 

 

更に、副作用が出やすい事も特徴です。

 

主に、生ワクチンを勧める獣医師が多いですが、

不活性ワクチンは、3年に1度の周期で注射をすれば良いので、

高齢の猫には向いていると言えます。

 

ワクチンはウイルスが生きているか否かは別として、

ウイルスという菌を体内に取り込んでいます。

 

つまり、

体の事を思い当たり前の様に摂取している注射であっても、

この様なマイナスな点もある事を我々は忘れてはいけません。

 

アレルギー免疫療法注射について

猫アレルギーの方ならば、知っておくべき注射の種類に、

アレルギー免疫療法注射という療法があります。

 

アレルギー療法注射とは、

アレルギーの原因となある抗原を少しずつ体内に注射していき、

アレルギーに体を慣らしていき、

最終的には、アレルギー反応を起こさない体作りをする方法です

 

これに似た方法に、

猫アレルギーでも猫を飼い、

アレルギーに慣らせていく方法があります。

しかし、この方法は、似て非なるものです。

 

アレルギー免疫療法注射の場合、

頻繁に注射が必要な上、2~3か月程の治療期間が必要となります。

 

しかし、

この治療法を実施している病院が少ない為、

治療を断念している人も少なくありません。

 

アレルゲン分泌が少ない猫

猫アレルギーだけれども、猫好きの方、必見です。

猫は、種類によっては、アレルゲン分泌が少ない猫もいます

 

ここでは、その猫の特徴を簡単にご紹介します。

 

デボンレックス

巻き毛で筋肉質な体が特徴の猫です。

毛は柔らかく、アンダーコートのみの為、抜け毛もあまりありません。

また、その毛の特徴から、「プードルキャット」とも言われています。

遊ぶ事が大好きな冒険家なので、いつまでも子猫の愛らしさを残してくれます。

 

→デボンレックスについて、詳しくはこちらの記事を参照!

 

ロシアンブルー

キラキラと輝く、シルバーの毛色が特徴の猫です。

毛は短く、厚く、触り心地は、絹の様と称されています。

体も小さく、あまり鳴かないので、飼いやすい猫です。

 

→ロシアンブルーについて、詳しくはこちらの記事を参照!

 

ベンガル

ヒョウ柄が目を引く、ベンガルは、筋肉質な体に短い毛が特徴の猫です。

外見は野生的ですが、

中見は社交的で友好的ですので、一緒にいると楽しい存在になる事でしょう。

 

→ベンガルについて、詳しくはこちらの記事を参照!

 

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ