【人懐っこく頭のいい猫】オシキャットの性格と特徴


【人懐っこく頭のいい猫】オシキャットの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はオシキャットの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

オシキャットの由来

オシキャットのルーツは、

アメリカのミシガン州のブリーダーであるヴァージニア・ダリーが、

アビシニアンの模様をもったシャム猫を作り出す目的で、

アビシニアンとシャムを交配させました。

 

生まれてきた子猫達は、すべてアビシニアンに似た猫だったのですが、

さらにその子猫達を交配させたところ、

次の子猫達は、アビシニアン模様のシャムも生まれましたが、

ほかに斑点模様の子猫が生まれました。

 

この斑点模様を持つ猫が、現在のオシキャットのルーツになります。

 

その後、アメリカンショートヘアとの交配によって、体格ががっしりしました。

1966年にCFA(猫登録協会)に登録されました。

 

オシキャットの由来は、アメリカから北アルゼンチンに生息している、

「オセロット」と呼ばれるネコ科の動物です。

 

オセロットの模様が、オシキャットのそれとよく似ているため、

その名を取って“オシキャット”と名付けられました。

スポンサーリンク

オシキャットの特徴

エキゾチックショートヘアの性格は、とても穏やかで、人懐こく頭の良い猫です。

人に慣れるだけでなく、犬のように物をとってきたり、芸をする能力も持ちます。

 

飼い主さんと常に一緒にいたがるような、

マイペースなイメージの猫とは違い、

どちらかというと犬の性格に近いと思います。

 

体の特徴としては、そのヒョウ柄のスポットがあげられます。

スポットは全身に及んでいます。

 

被毛のカラーはチョコレート、ラベンダー、シナモンなど、12色存在しています。

毛の手触りは柔らかくて、光沢があります。

頭が丸みを帯びていて、

クーガー(アメリカライオン)のような顔、大きな目と耳などをもちます。

 

体格は大き目で筋肉質です。

体重も大きなものは6kgを超える個体もいます。

 

オシキャットを飼う際の注意点

オシキャットを飼育する上で注意することをご紹介します。

オシキャットは見た目はとても野性的で独立心の強い猫に見えますが、

とても飼い主さんに愛情を求めます。

 

濃厚なコミュニケーションが必要です。

 

一緒にあそんであげたり、スキンシップをしたりが必要になります。

外出や外泊が多い人は向かないかもしれません。

 

一緒に遊んだりしたい人に向いた猫です。

 

オシキャットはとても運動量が多いので、

なるべく運動スペースを取ってあげた方がいいです。

 

キャットタワーなどを設置して上下運動などをさせてあげるのがいいです。

運動不足は、ストレスも溜まりますし、肥満の原因になりますので注意しましょう。

 

また毎日のブラッシングは、綺麗な状態を保つために、必要です。

 

一日2回くらいはやってあげましょう。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ