実は不安の表れだった!?猫が餌やりのときに威嚇する3つの理由



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

「猫に餌を与えるとき、こちらに向かってシャーッ!と威嚇してくる……」

そんな悩みを抱えてはいませんか?

 

今回は、猫が餌やりのときに威嚇してくる理由を解説するとともに、

飼い主が出来る解決法についても紹介していきます。

スポンサーリンク

 

猫のさまざまな威嚇

猫がしっぽを膨らませ、シャーッ!と声を上げるのが

威嚇」の意味であることは広く知られていますよね。

実は、一口に威嚇と言っても場面によって色々な種類があり、

それぞれに違った猫の気持ちが込められているのです。

 

たとえば、先住猫が新入りの猫と対面したときに見せるような威嚇は

「防御的威嚇」と呼ばれ、「これ以上近づくな!」という

相手に対する牽制の意味を持っています。

 

 

また、オス猫が縄張りに侵入してきた敵に対してするような威嚇は

「攻撃的威嚇」に分類され、自分のテリトリーを守るために

積極的に戦うという意志が込められています。

 

では、猫が餌をもらうときに飼い主を威嚇するのは、

一体どういう理由からなのでしょうか?

実は、猫が抱えている不安が原因となっているのです。

スポンサーリンク

なぜ餌やりのときに威嚇してくるの?

では、具体的にはどんな理由から、

猫が餌やりのときに威嚇するようになるのでしょうか?

ここでは、考えられる3つの原因について解説していきます。

 

1.餌を奪われると不安に思っている

猫が餌やりの際に威嚇する原因として、

もっとも多いのがこの不安感だと言われています。

 

かつては単独で狩りをして暮らしていた猫にとって、

食事をとる場所はとても大切なテリトリー

そこに誰かが入ってくると、「食べ物を奪われるのではないか」と

猫は警戒してしまうのです。

 

2.飼い主に恐怖を感じている

飼い主との間にしっかりとした信頼関係があれば、

猫は食事中に飼い主が近くにいても、あまり気にすることはありません。

 

しかし、猫が飼い主を怖がっているときには、

たとえ餌やりのためでも、近寄られることを嫌がる場合があります。

 

3.体に何らかの異状がある

それまで問題なく飼い主と接してきた猫が、

急に食事の際に威嚇するようになった場合には、

猫の体に何らかの異常が起きている可能性があります。

 

怪我病気をしていたり、

メス猫の場合は妊娠していたりすることも。

 

飼い主に出来る解決策

猫に威嚇されることなく餌やりが出来るようにするためには、

猫が落ち着いて食事をとれる環境を整えることが大切になってきます。

 

餌やりの際に猫に威嚇されたら、

猫の目を見つめたり、触ろうとしたりせず、

静かにその場を離れるようにしてください。

 

「餌を奪う気はないよ」「傷つけるつもりはないよ」と

態度で示すことで、猫の警戒も徐々に解かれるはずです。

 

また、特に気をつけたいのが猫を多頭飼いしている場合です。

猫同士で餌の奪い合いが起きているせいで、

飼い主まで警戒しているという可能性も。

 

それぞれに餌をやる場所を離したり、時間をずらしたりなどして、

個々の猫が安心して食事が出来る体制を作るようにしてください。

 

ただし、猫の態度が最近急に変わったという場合には、

病院で診てもらったほうがよいでしょう。

猫の体に何らかの異状があり、治療を必要としているかもしれません。

 

 

猫の不安の表れである、餌を食べる際の威嚇。

飼い主がしっかりと環境を整えて、

猫が落ち着いて食事が出来るようにしてあげてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ