猫の餌にも原因が!?餌が臭いわけとうんちのニオイ対策!!


猫の餌にも原因が!餌が臭いわけとうんちのニオイ対策!!

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

うんちのニオイで悩んだことありませんか?

室内で飼っていると、

いろいろなニオイが混ざり合って部屋中に充満することがあります。

 

そこにはキャットフードの強烈なニオイも混ざっています。

今回は餌が臭いわけから猫のうんちのニオイ対策までお話します。

スポンサーリンク

 

なぜキャットフードはニオイが強いのか

ドライフードの袋を開けると独特のニオイがしますが、

なぜキャットフードはあんなに強烈なニオイがするのでしょうか?

 

猫は味音痴!?

カリカリと美味しそうな音を立てて餌を食べている猫を見ていると、

なんだかこちらも幸せになります。

よっぽど美味しいのかと思って、試しに一粒食べてみたことがあります。

ガリッと噛んだら……まずい!

いったい猫の味覚はどうなっているのでしょう?

 

猫の舌には味覚道具の役割があります。

舌の表面にある糸状乳頭(しじょうにゅうとう)と呼ばれるザラザラで、

動物の肉を剥ぎ取って食べたり、毛づくろいをしたりしているのです。

 

この糸状乳頭の隙間に、味覚を感じる味蕾(みらい)があります。

その数は人間の19分の1程度で、酸味や苦みの味蕾は多いのですが、

塩辛さや甘みを担当する味蕾が少ないのです。

 

そのため、塩辛さより酸っぱさや苦味に敏感で、

甘さになるとごくわずかしか感じません。

 

フードの味に納得しましたが、だからこそ日常のお尻や足の裏までのグルーミングや、

母猫が子猫のおしりまで舐めてきれいにしてあげられことにも納得です。

猫は味よりニオイが決め手!

では、猫の嗅覚はどうでしょうか?

猫は人間の数万から数十万倍もあるといわれる嗅覚で餌を判断しています。

よく食欲がないときは餌を少し温めてあげるといいといいますが、

温かい方が、ニオイがするからです。

 

肉食動物の猫が狩った獲物は、つい先程まで生きていたので、温かいしニオイもあります。

キャットフードは猫にとって、おいしそうなニオイがするかどうかが決め手といえます。

スポンサーリンク

餌で猫のうんちのニオイは軽減できる?!

キャットフードのニオイとうんちのニオイは関係があるのでしょうか?

 

猫のうんちのニオイは個体差や餌によって違う

猫のうんちは個体によって異なりますので、みんな同じニオイではありません

 

わが家にいる二匹の猫たちも、うんちのニオイは全く違います。

一匹がとても臭いのです。

その猫はうんちをした後必ず大声で鳴きますが、

隣の部屋まで一気に充満するのですぐにわかります。

 

 

また、穀物や油分を摂取しすぎるとうんちは臭くなりますので、

食べたものによってもうんちのニオイは変わるといえます。

 

猫のうんちのニオイを軽減できるキャットフード

では、キャットフードによってうんちのニオイを軽減することはできるのでしょうか?

人間も、たんぱく質が多く含まれている肉類をたくさん食べると

体臭がきつくなるといわれています。

 

肉食の猫はなおのことですので、

フードに消化率が高いたんぱく質が含まれているものが、

猫の体臭予防にはおすすめです。

 

また、緑茶カテキンといった消臭成分が配合されているフードは、

フード自体の独特のニオイも少なく、

うんちのニオイも軽減するといわれています。

猫のうんちのニオイが気になるときは、

消臭成分配合のキャットフードを試してみると良いでしょう

 

 

ただし、餌の切り替えは、

下痢防止のためにも少しずつ新しいフードを混ぜるようにしてください。

 

猫のうんちのニオイ対策

猫を飼っている家のドアを開けると動物臭がすることがあります。

 

猫の体臭はほとんどしないので、

必要なニオイ対策はトイレとフードということになります

 

臭い対策の理想はその都度きれいにする

やはりトイレは、使う度にとってあげることが理想です。

 

猫は用を足した後、砂をかけて排泄物を埋めて

自分の居場所を他の動物に知られないようにニオイを消していますが、

もしトイレがおしっこやうんちでいっぱいになったら、猫はどうするでしょう?

 

先ほどお話したわが家の猫は、

トイレの中はおしっことうんち合わせて2回分が限度です。

それを超えると、おしっこをトイレの外でします

床の上でされたおしっこのニオイはうんちも顔負けです

トイレにしてくれない猫もいるのです。

 

砂(チップ)を多めに入れる

では、おしっこをトイレの外でしないためには、

どうすれば良いのでしょうか?

 

これは、猫が用を足した後、砂をたっぷりかけられるように、

トイレの砂はいつも多めにしてあげることをおすすめします。

 

それだけでもニオイを最小限に防ぐことができます。

猫砂によって消臭効果も異なりますのでいろいろ試してみてください。

 

またトイレ本体も時間の経過とともに

ニオイがつきますので、洗うことでも対策ができます。

 

キャットフードの食べ残しを置かない

キャットフード自体のニオイも強いので、

食べ残しがずっと置かれているだけで部屋の中のニオイが複雑になります。

食べ残しを置かないこともニオイ対策には重要です

 

 

猫のうんちのニオイは毎日の生活に関係することです

キャットフードで軽減するとともに、

日頃のちょっとしたことに目を向けてニオイ対策をすれば、

快適な空間が保てます!

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ