デブ猫一直線!猫が餌を異常に欲しがる3つの原因&解決法



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

「猫が餌を過剰に欲しがって困る……」

そんな悩みを抱えてはいませんか?

 

餌の食べすぎは肥満を引き起こし、猫の健康を脅かす一因になります。

今回は、猫の過食について原因を解説するとともに、

飼い主に出来る解決策も紹介していきます。

スポンサーリンク

 

猫が餌を欲しがる3つの原因

十分な量を与えているはずなのに、

猫が異常に餌を食べたがることがありますよね。

 

餌をもらっていないフリをしたり、

夜中に飼い主を叩き起こして餌を催促したり……。

 

そもそも、なぜ過剰に餌を要求するのでしょうか?

まずは、考えられる原因について解説していきます。

 

1.成長期

飼っている猫がまだ子猫だった場合、餌を欲しがるのは普通のことです。

子猫は成長のために非常に多くのエネルギーを必要としているため、

欲しがるだけ餌を与えるようにしてください。

 

このときに好きなだけ食べさせて満足させることで、

成猫になってからの過食を防ぐことが出来ると言われています。

 

2.消化器などの疾患

猫の胃腸に問題があり、きちんと栄養を吸収できていない場合にも、

猫が過剰に餌を食べることがあります。

 

また、消化器だけでなく、

肝臓すい臓の異常が過食の原因となることも。

 

3.ストレス

猫の場合も人と同様に、

ストレスから過食に走ることがあると言われています。

 

引っ越しをしたり、新しい猫が家にやってきたりといった、

環境の変化が過食の原因かもしれません。

スポンサーリンク

餌を食べ過ぎるとどうなるの?

猫の食べすぎを放置していると、当然ながら猫は肥満になってしまいます。

ここでは、猫の肥満が引き起こす、主なリスクについて説明していきます。

 

1.関節への負担

体が重くなることで、猫の足腰には大きな負荷がかかるようになります。

捻挫や椎間板ヘルニア、関節炎などを起こしやすくなり、

歩行に支障をきたすことも。

 

2.心疾患

猫の体重が増えれば、それだけ心臓への負担も大きくなります。

血圧が上がって心臓に負荷がかかることで、

心臓病を発症する可能性もあるんだとか。

 

3.糖尿病

肥満の猫は、適正体重の猫に比べて

糖尿病にかかりやすいことが分かっています。

これは、肥満のせいで体内でのインスリンの働きが弱くなるためです。

 

4.皮膚病

肥満によって皮下脂肪が増えることで、

皮膚に栄養を運ぶ血管にも負担がかかります。

 

そのため皮膚に十分な栄養が行き渡らなくなり、

皮膚病にかかるリスクが高くなると言われています。

 

飼い主にできる4つの対策

さまざまな問題を引き起こしかねない猫の過食。

最後に、飼い主が出来る解決策について紹介します。

 

1.病院を受診する

猫が急に過食をするようになったら、素人判断はせず、

まずは病院に連れて行きましょう。

 

消化器などの異常が治癒したり、

ストレスの原因が取り除かれれば、自然と猫の食べすぎも治まります。

 

2.置き餌にする

餌を過剰に欲しがる猫の中には、

「餌がない=次にいつ食べられるか分からない

という不安を抱えている個体もいます。

 

食事のあとも餌皿に少量の餌を置き、

「そんなに欲しがらなくても、いつでも食べられるんだよ」と示すことで、

猫の過食が解決するケースも。

 

3.食事の回数を増やす

猫は本来、少量の食事を1日に何度もとる生き物です。

 

餌は朝晩2回と決め付けず、

1日に必要な餌を3回以上に分けて与えることで、

猫の飢餓感を抑えられるかもしれません。

 

4.猫の気を紛らわせる

四六時中餌のことを考えている猫の場合には、

飼い主が遊び相手になって猫の気を紛らわせることも効果的です。

十分に体を動かすことで、肥満を予防することにもつながります。

 

 

大切な猫の健康を脅かす、餌の食べすぎ。

飼い主が十分な対応を取って、病気を防ぐようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ