猫は案外欲張り?多頭飼いにおける餌やりのマナー


猫は案外欲張り?多頭飼いにおける餌やりのマナー

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

多頭飼いをしていると、どうしても悩みとして挙がってしまうのが、

「餌やり」ではないでしょうか。

 

どの猫にも均等に食事を与えたいと思っていても、

どうしても他の猫の食事を横取りしてしまう事もあるでしょう。

 

今回は、猫が他の猫の食事を奪ってしまう理由とその対策をご紹介します。

スポンサーリンク

 

猫は 隣の芝生が青く見える 生き物

多頭飼いしている飼い主さんの悩みで、よく耳にする件が、食事についてです。

以前の記事でも紹介しましたが、

猫は喧嘩を避ける生き物ですしかし、食事に関しては別です

 

飼い主さんが、

どの猫に対しても、同じ食べ物を、同じ量だけ与えていても、

他の猫が食べている食事が気になってしまいます。

 

気にしているだけならば、何の問題もないだろうと感じた方、甘いです!

 

猫は単独行動を好む生き物ですが、しっかりと上下関係があります

1つの屋根の下に暮らす、多頭飼いされた猫達の中にも、

ボスやマドンナ、下っ端等、様々なポジションがあります。

 

その為、

ボスが下っ端の食べている食事を、自分の食事より美味しそうと判断すれば、

それはボスの食事になってしまいます

 

猫達が同じ食べ物を同じ量だけ食べている時は、それでも良いかもしれませんが、

猫の食事には、子猫用、老猫用、ダイエット用等、様々な種類があります。

これらの食事を使い分ける必要が出た時、

他の猫に食事を取られてしまったのでは、その猫の体調にも良くありません。

 

たとえ、その猫が他の猫の食事を欲しがっても、決して与えない事が大切です。

 

スポンサーリンク

食事の管理は飼い主の勤め

では、どうしたら猫が他の猫の食事を取らずに済むのでしょうか?

 

まずは、

猫に食事を与える際、「○○ちゃん、ご飯だよ。」等、その猫の名前を呼んで下さい

何故、この様な事をするかと言うと、

猫に対し、飼い主は、誰に食事を与えているかを認識させる為です。

 

他の猫の食事を横取りしてしまう猫の多くは、

皆同時に食事を与えられています

 

これでは、誰がどの食事を与えられたのか、認識出来ません。

これは、猫に意識させる為に行う手段です。

 

 

これでも上手くいかないという猫には、飼い主さんが監視してあげて下さい。

他の猫の食事を横取りしようとした時に、

「こらっ!」「ダメでしょ」等と言って、飼い主が怒っている事を伝えて下さい

これをすれば、多くの猫は、他の猫の食事を食べなくなります

 

それでも上手くいかない猫は、それぞれ別の部屋で食べさせて下さい

部屋数が少ないというご家庭は、猫をケージに入れてしまうのも有効です。

兎に角、他の猫の食事を手の届かない箇所に置いてしまう事がポイントです。

 

先住猫を立てる

猫は単独行動を好むといえども、飼い主さんの事は大好きです。

それは、1匹目に来た猫であれ、2匹目以降に来た猫であれ、変わりません。

 

しかし、ここで1番、飼い主さんが気を留めてあげなくてはいけない猫が居ます。

 

それは先住猫です。

 

特に、最初に飼い主さんに飼われた猫は、飼い主さんを独占していました。

しかし、2匹目以降の猫が来た事により、

一身に受けていた愛情と時間は、どうしても分散されてしまいます。

それを嘆く猫は少なくありません。

 

しかし、先住猫が薄れてしまったと感じる愛情は、

食事の順番で取り戻す事が出来ます

 

猫は寝る事の次に、食事に時間をかけます。

それ程、猫にとっては大切な事です。

 

それを1番に頂けるという事は、

「やっぱり、私は1番愛されている」と感じ、自信に繋がるのです。

 

食事を横取りしてしまう猫の多くは先住猫です。

これは、他人の食事が美味しそうに見えるだけではなく、

貶されたプライドを癒す為に行う事もあります。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ