猫のしっぽの付け根にはツボがある!?猫がよろこぶ触り方とは?


猫のしっぽの付け根にはツボがある!猫がよろこぶ触り方とは

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

猫が触られて喜ぶ場所には、頬のあたりや顎の下などがありますよね。

実は、しっぽの付け根もそういった場所の一つだと言われているのです。

 

今回は、猫がしっぽの付け根をポンポンされて喜ぶ理由を解説するとともに、

飼い主がポンポンしてあげるときのコツについても紹介していきます。

スポンサーリンク

 

どうして猫はしっぽの付け根が気持ちいいと感じるの?

しっぽの付け根を触られた猫が、しっぽをピンと立てたり、

お尻を高く上げたりするのを見たことはありませんか?

 

多くの猫がしっぽの付け根を刺激されると、

気持ちがいいと感じることが分かっています。

 

そのわけはズバリ、神経が集まっている場所だから。

 

 

実は、猫のしっぽの付け根付近には

馬尾(ばび)」と呼ばれる神経の束があり、この馬尾はとても敏感です。

しっぽの付け根を触れられると、この馬尾が刺激されることになり、

猫が気持ちいいと感じるんだとか。

 

 

ちなみに、しっぽの付け根はやさしく撫でられるより、

一定のリズムでポンポンと刺激されるほうが、

猫にとっては気持ちがよいと感じるようです。

 

リズミカルに体に振動を加えられて心地よいという感覚は、

人間が「肩たたき」などのマッサージで感じるものと

似ているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

しっぽの付け根をポンポンするときの3つのコツ!

猫が喜ぶこととなれば、

飼い主としてチャレンジしてみないわけにはいきませんよね。

 

ここでは、猫のしっぽの付け根を刺激するときに気をつけたい、

3つのコツについて解説していきます。

 

1.猫がくつろいでいるときに行う

猫のしっぽの付け根を触るときに、まずは気をつけたいのがタイミング。

エサを食べた後などの、猫がリラックスしているときがおすすめです。

 

2.一定のリズムで刺激する

猫のしっぽの付け根は、とても敏感な場所。

いきなり強く刺激すると、猫が驚いて怖がってしまうかもしれません。

 

最初はそっと撫でることから始め、

猫の様子を見ながら徐々にポンポンと叩くようにしていきましょう。

このとき不規則に叩くのではなく、一定のリズムで叩くようにするのがコツ。

 

猫が嫌がらない強さを意識することも大切です。

 

3.猫の様子をよく見る

しっぽの付け根をポンポンしているときに、

猫がしっぽをピンと立てたり、お尻を高く上げたりしたら、

それは猫が気持ちいいと感じている証拠です。

 

ほかに目を細めて心地よさそうな表情になったり、

こちらに体を擦りつけてきたりするのも「もっとして!」というサイン。

猫が満足するまで続けてあげましょう。

 

逆に、猫が自分から離れて行くようなら、

深追いせずにそこで終わりにしてください

あまりしつこくされると、猫は嫌な気持ちになってしまいます。

 

猫のしっぽをポンポン叩く上で注意すべきポイントは?

猫を喜ばせたくてしたことで、猫に嫌われてしまったら、

本末転倒になってしまいますよね。

最後に、猫のしっぽの付け根をポンポンする上で注意したい、

2つのポイントについて紹介します。

 

1.しっぽの付け根を触られるのが嫌いな猫もいる

すべての猫が、しっぽの付け根をポンポンされて喜ぶわけではありません。

猫がはっきりと嫌がるそぶりを見せたときは、

それ以上構うのはやめておきましょう。

 

ただ、猫がしっぽの付け根を刺激されることに慣れておらず、

単に戸惑っているだけの場合には、

回数を重ねることで心地よさを感じるようになる可能性も。

 

いずれの場合でも、猫の様子をよく見ることが大切です。

 

2.強すぎる刺激を与えない

猫のしっぽ付近には、非常に重要な神経が集まっています。

しっぽの付け根を叩く力が強すぎると、

猫の体が何らかのダメージを受けてしまう恐れも。

 

猫のほうから「もっと強く叩いて!」と要求されたときでも、

飼い主が力加減をセーブすることが必要です。

 

 

多くの猫が喜ぶツボである、しっぽの付け根。

ほどほどの力でポンポンしてあげることで、

猫にもっと好きになってもらえるかもしれませんよ。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ