猫の見た目で年齢を見分けるカギは老化のサインを知ること!


猫の見た目で年齢を見分けるカギは老化のサインを知ること!

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

庭先で見つけた愛らしい猫。

その表情やしぐさはいくら見ていても飽きません。

 

いつかわが家に迎え入れたいと思っている人もいるかもしれません。

そんなとき「この猫いったい何歳くらいなんだろう?」と、

疑問に思うことはありませんか?

 

これから飼いたい人も、すでに家族の一員として迎えている人も、

猫の年齢は知っておきたいものです。

今回は猫の見た目で年齢を判断するポイントをお話しします。

スポンサーリンク

 

猫の年齢はどこで見分けるの?

猫の年齢を知りたいとき、動物病院で診てもらうという方法がありますが、

獣医さんはいったい猫のどこを見て年齢を判断しているのでしょうか。

 

それはだといわれています。

 

歯は使い続けるうちに歯石が着いたりすり減ったりしてきますので、

獣医さんはその状態を観察することで、

猫のおおよその年齢を割りだすことができるのです。

 

ですが、私たち人間に個人差があるように、

猫にも個体差があります

 

生活スタイルによって年の取り方も変わってきますので、

見た目で判断した年齢と実年齢ではどうしてもギャップが出てきてしまいます。

 

室内で飼われている猫と野良猫とでは、

食事や住環境がかなり異なりますので当然ともいえるでしょう。

 

ですから獣医さんが、猫の歯から年齢を当てることは至難の業といえますが、

おおよその判断基準になることは確かです。

 

でも私たち素人が猫の口の中までのぞくことは困難ですし、

ましてや歯石やすり減り方を見たところで判断がつきません。

 

では、私たちは猫のどこを見れば

おおよその年齢を知ることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

猫の成長過程を知ろう!

私たちが猫の見た目で年齢を判断するためには、

まず猫の成長過程を知ることが大事です。

 

子猫は成長が早いのでわかりやすいかもしれませんが、

成猫や老猫はなかなか区別がつきません。

 

それぞれの特徴を知っておくことが、

見た目でおおよその年齢を判断することにつながります。

 

 

猫の歯は、生後6か月くらいになると乳歯から永久歯に生えかわります。

体は1歳くらいで成猫とほぼ同じ大きさになり、

4歳くらいまでは毛にツヤがあり、動きもとても活発です。

 

5歳くらいになるとだいぶ落ち着いた成猫といった感じになりますが、

その頃から少しずつ体力や運動能力が低下して、

徐々に白髪も混じり始め、8歳くらいからは寝ている時間が増えてきます

 

老猫の入口といわれる10歳頃になると

毛のツヤがなくなってボサボサしてきたり、

歯が抜けたりして、食事の量も減ってきます。

 

猫の寿命は10年から16年くらいといわれていますが、

12,3歳頃には足腰がかなり弱ってきて、

痴呆症や白内障になることもあります。

 

これらは個体差がありますが、

成長過程を知っておくことが猫の年齢を知る手掛かりになります。

 

知っておきたい猫の老化のサイン5つ!

猫の見た目で年齢を判断することは、

猫の成長過程を知ること、つまり老化のサインに気付くことなのです。

 

では次に、具体的にわかりやすい老化のサイン5つお話しします。

 

1.爪の鋭さがなくなる

体力がなくなることで、爪とぎすら億劫になります。

かつて鋭かった爪も厚みを増して、根元の方は汚れもたまりやすくなります。

2.高いところに上ろうとしなくなる

体の動きが鈍くなるので、

若い頃のように機敏に塀に飛び乗ったりすることが減ってきます。

 

3.毛並みにツヤがなくなり白髪も増える

体の柔軟性がなくなってきますので、グルーミングさえ面倒になります。

 

手入れがされなくなれば毛もボソボソになり、

それとともに白髪が混じってくることもあります。

 

4.体型が変わる

体力がなくなってきたから動かない、

そして食事量が減るという循環が、体型にも現われてきます。

 

食べる量が減る猫は痩せて骨ばんできますが、

食欲がある猫は肥満になりやすくなります。

 

5.眠っている時間が増える

体力落ちてくるので、若い頃のように遊ぶことも少なくなり、

その分寝ている時間が増えます。

 

 

猫の老化は人間ととてもよく似ていて、

体力がなくなっていくことが原因でさまざまなサインが出されています。

 

年齢によって度合いが異なりますので、

この5つを押さえることで、

老いているか、若いかという判断がつくと思います。

 

飼い猫の年齢がわからないとき、

庭先で野良猫を見つけたとき、

ぜひじっと観察してみてください。

 

猫の年齢を知ることがよりよいケア、さらには猫の幸せへとつながっていきます!

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ