【意外と知らない!?】猫がしっぽを振るときの4つの気持ち



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

猫がしっぽをフリフリする姿は可愛いもの。

実は、猫はしっぽを振ることで、

私たちにさまざまな感情を伝えようとしているのです。

 

今回は、しっぽの振り方ごとに猫の気持ちを解説するとともに、

飼い主がとるべき対応についても紹介していきます。

スポンサーリンク

 

しっぽで分かる!?猫の喜怒哀楽

「猫の気持ちが理解できたらいいのにな」と思ったことはありませんか?

実は、猫は鳴き声やしぐさのほかに、しっぽでも感情を表現しているんです。

しっぽの様子をよく見れば、猫の気分を理解する手助けになります。

 

たとえば、猫がしっぽをピンと立てるのは親愛のあかし。

相手に対しての好意を表現しています。

 

一方で、猫がしっぽの毛を膨らませるのは「威嚇」の意味。

相手に対して攻撃的になっていることの表れです。

また、猫がしっぽを足のあいだに挟みこむのは、何かに恐怖しているサインです。

 

では、猫がしっぽを振るときは、一体どんな気持ちなのでしょうか?

ブンブンと大きく左右に振ったり、パタパタと小さく動かしたり……。

実は、それぞれのしっぽの振り方で、猫はまったく違う感情を表現しているのです。

スポンサーリンク

猫の気持ちが表れる!4つのしっぽの振り方

一見同じように見えますが、猫のしっぽの振り方にはいくつか種類があります。

ここでは猫のしっぽの振り方ごとに、そのときの猫の感情を紹介していきます。

 

1.しっぽをブンブンと大きく振る

猫がしっぽを激しく左右に振っているのは、

怒っていたり、イライラしていたりするサインです。

しっぽの動きが大きければ大きいほど不機嫌な状態で、

場合によっては「威嚇」の意味を持つことも。

 

2.しっぽを小刻みに早く動かす

猫がしっぽをパタパタと早く振っていたら、

それは何かを不安に感じている証拠。

大きく感情を揺さぶられているわけではないものの、

落ち着かない状態であることを表しています。

 

3.しっぽをゆっくりと大きく振る

猫がしっぽをゆらゆらと動かすのは、リラックスしているサインです。

「これから何をしようかな」と、考えていることが多いんだとか。

 

4.丸くなったまま、しっぽの先だけを小さく動かす

飼い主に呼びかけられた猫が、寝たままの状態でしっぽの先だけを振るのは、

「今はくつろいでいるから動きたくない」という気持ちの表れです。

猫にも放っておいてほしいときがあるのかもしれませんね。

 

飼い主はどう接すればいいの?

猫の気分に合わせた接し方が出来れば、

猫とよりよい関係を築くことが可能になります。

最後に、これまで紹介した猫のしっぽの振り方ごとに、

飼い主がとるべき対応を解説してきます。

 

1.しっぽをブンブンと大きく振っているときは…

猫を撫でていたり、抱っこしていたりした場合には、

すぐに手を止めて猫を解放してあげましょう。

イライラのサインに気づかず構い続けていると、

引っかかれるなどして怪我をする可能性も。

 

2.しっぽを小刻みに早く動かしているときは…

まずは猫が何を不安に思っているのか突き止めて、

可能ならその原因を取り除くようにしてください。

飼い主がやさしく声をかけることで、猫が落ち着く場合もあります。

 

3.しっぽをゆっくりと大きく振っているときは…

猫が活動を再開するまで、しばらく放っておきましょう。

リラックスタイムを邪魔すると、猫も機嫌を損ねてしまいます。

 

4.丸くなったまま、しっぽの先だけを動かしているときは…

猫が起き上がらないからと、しつこく呼びかけたり、

構ったりするのはやめたほうが賢明です。

猫がくつろいでいられるよう、静かにしていましょう。

 

 

猫の感情をさまざまな動きで表現するしっぽ。

しっぽの様子から猫の気持ちを理解して、今よりもっと仲良くなってくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ