猫がしっぽを立てる時の気持ち4選!!


猫がしっぽを立てる時の気持ち4選!!

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

猫のしっぽは、意思表示をする為の大切な体の一部です。

 

しかし、猫がしっぽで意思表示をしている時、

どの様な心境なのかは、イマイチ分かりません。

 

今回は、

猫がしっぽを立てる時の気持ちや状況、接し方等を詳しく紹介します。

スポンサーリンク

 

しっぽをピンッと立てている時の気持ち

猫がしっぽをピンッと立てている時は、機嫌が良い時です。

この状態から、猫が体を擦り付けてきた場合、更にご機嫌な時です。

 

この時の猫の気持ちは、

母親に甘えたい、食事や水が欲しい、遊びたい等、

これから楽しい事、幸せな事をしたいと望んでいます

 

これは子猫の頃、

母猫にお尻を舐められ、排せつを促してもらっていた頃の名残と言われています。

 

猫は大人になっても

子猫の頃に戻り、母猫に甘えたいという気持ちがあり、

その気持ちが、自然としっぽを上に向かせてしまうのです。

 

この様な状況の時、スキンシップを図るには、絶好の機会です。

体を撫でたり、食事を与えたり、おもちゃ等で遊んであげると、

更に信頼関係が深まる事でしょう。

スポンサーリンク

しっぽを立て、背中にまで弓の様にしならせている時の気持ち

猫がしっぽを立て、背中にまで弓の様にしならせている時は、

非常にテンションが高い時です。

 

この状態は子猫に多く見られ、

遊んでいて喜んでいる内は、しっぽが立ってくるのですが、

エキサイトしてくると、その尾が背中に向かって弓の様にしならせた形になるのです。

 

この様な状況の場合、猫は興奮しています。

楽しそうだからといって、無暗に手を出すと、

噛まれたり、引っ掻かれたりしてしまいます。

 

この時、彼らは敵意を持って攻撃した訳ではないので、

あまり怒らないであげて下さい。

 

これ程までにテンションが上がった場合、

子猫の場合は途中で寝てしまうか、母猫が止めに入ります

大人の猫は、興奮し過ぎると途中で我に返ります

 

この様な場合、人間は手を出さず、猫を観察する事が得策でしょう。

 

しっぽを立てて、バタバタと振る時の気持ち

猫がしっぽを立ててバタバタと振る時は、イライラしている時です。

犬がしっぽを振って喜んでいる気持ちとは、真逆です。

 

この状態は、

人に抱っこされている時や、一点を見つめている時に多く見られます

 

猫は独立心が高い動物です。

その為、抱っこされたからといって、毎回喜ぶ訳ではありません。

猫が何かしていた時に、人間がちょっかいを出すと、猫はイライラします。

 

この様な時は、1度、猫を自由にさせてあげて下さい。

グルーミングや食事等で一呼吸おいてから、

再度挑戦すると、喜ぶ事もあります。

 

また、一点を見つめてしっぽを振っている時は、

届きそうで届かない物が目の前にある時にする事が多いです。

 

例えば、

何度ジャンプしても届かないおもちゃや、

窓の外にいる小鳥等を見ている時によく見られます。

この様な時は、

おもちゃ等を使って気持ちを逸らしてあげて下さい

これが猫にとってのストレス解消になります。

 

しっぽを立てて、毛を逆立てている時の気持ち

猫がしっぽを立てて、毛を逆立てている時は、

相手を威嚇しているサインです。

この時、しっぽだけではなく、全身の毛も逆立て、

体が一回り大きく見えている筈です。

 

猫は元々、喧嘩を好まない性格です。

その為、体を大きく見せ、相手に

これ以上近づくなと警告を出しています

 

猫同士であれば、この行動をすると、

それ以上の騒ぎになる事はあまりありませんが、

その事を知らない人間等が触れてしまうと、噛みついたり、引っ掻いたりします。

 

この様な状況の時は、猫1匹の環境を作ってあげる事が大切です。

落ち着けば、それ以上威嚇する事はありません。

 

威嚇とは、

相手に自分の力を誇示するという意味もありますが、

人間に向けてする場合は、

怖いからこれ以上近付かないでという気持ちも含んでいるので、

理解してあげましょう。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ