美しさだけではない!飼う前に備えておきたい白猫の種類



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

白い毛色を持つ猫達でも、

毛の長さや原産国によって、性格や特徴は様々です。

 

犬の様に懐く猫もいれば、

お互いの距離感を大切にする猫もいます。

 

今回は、

白猫の種類やその猫たちの特徴、

そして、白猫とアルビノを見分けるコツを紹介します。

スポンサーリンク

 

白い毛を持つ猫、3種

世界には、様々な種類の白猫がいます。

今回は、選りすぐりの3種の白猫を紹介します。

 

ターキッシュアンゴラ

ターキッシュアンゴラは、

トルコにて、古くから国の宝として大切にされてきました

 

原種であるアンゴラは、

今でもトルコの街中で見掛ける事が出来ます。

 

しかし、

一時期、その数が減少してしまいましたが、

1960年代以降、その数を取り戻していきました。

 

その後、血縁が近くなってしまう等の理由から、

シャムと交配をさせ、現在に至ります。

 

特徴は、長毛種でありながら、筋肉質でしなやかな体です。

 

性格は、愛情深く、飼い主に従順です。

ストレスに弱い為、

従順だからと言って、犬の様にしつけると、

体調を崩してしまうので、気をつけましょう。

 

ペルシャ

ペルシャは猫の交配に多く利用される猫です。

 

先程紹介した、ターキッシュアンゴラも、

シャムとの交配の前に、

アメリカやイギリスにてペルシャによる交配を試みましたが、

明らかな体系の違いから、継続される事はありませんでした。

 

特徴は、丸い体と大きな丸い目です。

鼻はつぶれており、

横から見ると、目、鼻、口、全ての高さが同じ位置にあります。

 

性格は、非常に穏やかで、優しいです。

のんびりと日々を過ごす事がとても好きな猫です。

 

アルパインリンクス

アルパインリンクスは、

オオヤマネコとイエネコのハイブリットと言われています。

 

特徴は、真っ白な被毛であり、

毛質や耳の形等、他の猫に比べ、容姿を細かく指定される事はありません

 

性格は、愛情深く、人間に従順です。

また、他の動物と暮らす事が出来る程、

柔軟性に優れ、社交的な猫です。

スポンサーリンク

白猫は聴覚が弱い!?

白猫の中には、耳が聞こえにくい猫がいます

それは、

全身の毛を白くさせる遺伝子が、聴覚の発達の妨げているからです。

 

その姿を見た人間が、

白猫は「大人しい」「物静か」と判断し、

この様に言われる事が増えました。

 

しかし、

それは耳が良くない為、

周囲が聞こえている音でも、きちんと認識できていない事から、

反応が出来ていないに過ぎないのです。

 

また、白猫の中には、

オッドアイと言われる、左右異なる色をした瞳を持つ猫が存在します。

その美しさと希少さから、

入手を希望する飼い手も多く存在しますが、

彼らの聴覚もあまり優れていません

 

これらの現象は、

一部の猫に起こる事であり、

殆どの白猫はきちんと耳が聞こえ、目が見えています

一部の白猫の変わった行動が目に付いてしまう為、

「白猫=大人しい」と認識されているのかもしれません。

 

白猫とは違う、アルビノ

一部の白猫には、アルビノという色素を作り出せない猫がいます。

 

アルビノとは、

先天的にメラニンが欠乏している遺伝子疾患がある動物を言います。

 

アルビノの猫たちは、

白い毛をしており、瞳の色は赤みを帯びています。

 

傍から見ている分には、物珍しく、見た目にも美しいです。

 

しかし、

アルビノの瞳が赤みを帯びているのは、

瞳の色素を作り出せない為、

瞳孔の奥にある血管の色が丸見えになってしまっているからなのです。

 

また、アルビノの猫の美しさから、

「ヨーロピアンアルビノ」という

新しい品種を作り出した団体がありましたが、

アルビノを繁殖させる事に不信感を抱いた公認団体が多く、

結果、ヨーロピアンアルビノに公認団体がつかず、その姿は消えていきました

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ