モフモフ度120%!長毛猫の魅力と特徴&人気の種類5選


モフモフ度120%!長毛猫の魅力と特徴&人気の種類5選

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

の中でも特にエレガントなルックスを持つ長毛種

その性格や特徴とは一体どんなものなのでしょうか?

 

ラグドールをはじめ人気の長毛猫5種をピックアップし、被毛のお手入れについても詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

 

長毛猫は見た目も性格もピカイチ!!

長毛種の猫の特徴は、何といってもその豪華な毛並みにあります。

ふわふわとした長い被毛には、思わず撫でたくなってしまう魅力がありますよね。

長毛種は見ているだけで癒される、抜群のルックスを持つ猫だと言えるでしょう。

 

また、その性格も実にペット向き。

一般的に長毛種の猫は、短毛種の猫よりも気性がおだやかだと言われています。

 

これは短毛種のほうが野生に近く、

長毛種のほうが人間による改良の度合いが強いせいなんだとか。

物静かでやさしい性格の長毛種は、

ペットとまったり過ごしたい人におすすめの猫となっています。

 

ちなみに、一口に長毛種と言ってもその被毛には品種によって違いがあります。

特に抜け毛が多い品種もあれば、比較的抜け毛の気にならない品種もあるのです。

 

「とにかくモフモフした猫がいい!」という人もいれば、

「抜け毛がちょっと心配……」という人もいますよね。

 

長毛種の猫を飼いたいときは、

こういった被毛のタイプについても知っておきたいところです。

スポンサーリンク

ゴージャス&エレガント!人気の長毛種5選

優美な見た目で人々を魅了する長毛猫。

ここでは特に人気の高い5品種を厳選してご紹介します。

 

1.ラグドール

「ぬいぐるみ」という意味の名前を持つラグドールは、

最近人気が急上昇中している猫です。

シルキーな手触りの被毛はもちろんのこと、

非常におだやかで落ち着いた性格も愛される理由の一つとなっています。

→ラグドールについて、詳しくはこちら!

 

2.ソマリ

人気品種のアビシニアンを長毛にしたのがこのソマリ。

アビシニアンの忠実な性質はそのままに、優雅なロングヘアを持つに至りました。

鈴の音にたとえられる可憐な鳴き声の持ち主で、集合住宅でも飼育可能です。

→ソマリについて、詳しくはこちら!

 

3.メインクーン

アメリカ生まれのワイルドな猫。

ふさふさの被毛とたくましい体つきが魅力です。

手先が器用な猫だと言われ、両手を使って飼い主の顔を引き寄せて

キスすることもあるんだとか。

→メインクーンについて、詳しくはこちら!

 

4.アメリカンカール

くるんと後ろ向きにカールした耳が愛らしい品種です。

ふわふわの毛並みは意外にもつれにくく、比較的抜け毛も少ないのでお手入れも簡単。

遊び好きで活発な、一緒にいて楽しい猫です。

→アメリカンカールについて、詳しくはこちら!

 

5.ヒマラヤン

滑らかな長い被毛が美しいヒマラヤンは、ペルシャをもとに作り出された品種です。

鼻が低くて愛嬌のある顔立ちがチャーミング。

とても温和でおっとりとした、飼いやすい性格をしています。

→ヒマラヤンについて、詳しくはこちら!

 

長毛種には欠かせない!!3ステップで出来る被毛のお手入れ

長毛猫が持つゴージャスな毛並みを維持するには、毎日のケアが必要です。

最後に長毛猫には不可欠な、被毛の手入れについて解説していきます。

 

ステップ1:まずは被毛に水をスプレーする

長毛種の猫をブラッシングする前に必要なのがこのプロセス。

 

被毛にうっすらと水がかかることで静電気の発生が抑えられ、

スムーズにブラッシングを行うことが可能になります。

このときスプレー容器に入れた水を、

猫の体の上の空間に向かってスプレーするのがコツ。

直接被毛にスプレーをかけると嫌がられるので、注意してくださいね。

 

ステップ2:スリッカーブラシを使ってとかす

スリッカーブラシとは、もつれた毛を解くのに向いているブラシです。

長毛種の猫は被毛が毛玉になりやすいので、

こういったブラシを使って毛並みを整えましょう。

 

このとき、ブラシの柄の握り方には注意が必要です。

棒を握るように持つのではなく、

親指と人差し指を使って鉛筆のように持つようにしてください。

目の周りや頬のあたりを避け、全身をまんべんなくとかしていきます。

 

ステップ3.コームを使ってとかす

全身をスリッカーブラシでとかしたら、今度はコームに持ち替えましょう。

先ほど残しておいた頬のあたりはとても毛がもつれやすい部分なので、

特に丁寧にとかすようにしてください。

 

最後に全身をくまなくコームでとかし、毛玉がないか確認したら完了です。

 

 

ボリューム感たっぷりの毛並みがたまらない長毛の猫。

好みに合った最高の一匹を見つけて、素敵なモフモフライフを過ごしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ