【鳴き声の種類で知ろう!!】鳴き声で分かる猫の気持ち9種


【鳴き声の種類で知ろう!!】鳴き声で分かる猫の9種類の気持ち

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

猫の鳴き声は、主に9種類あると言われており、

その鳴き方全てに意味があります。

 

日頃、何となく聞いている猫の鳴き声が、

認識していた事柄と違うという場合がよくあります。

今回は、鳴き声によって判断できる猫の気持ちを紹介します。

スポンサーリンク

 

ご機嫌な猫の鳴き方

猫はおしゃべりな動物です。

自分の意志を伝えたい時、声と体を使って表現します。

 

1.挨拶は「にゃ!」

猫は親しい間柄の相手には、きちんと挨拶をします

これは猫・人間問わず、仲間と思っている相手に行います。

その鳴き方は、「にゃ!」と短く鳴くだけです。

この時、尻尾を立てています。それは、機嫌の良い証です。

 

2.おねだりは「にゃーぉ」

猫は元々、

自分で獲物を捕まえたり、虫や害獣を追い掛けて遊んでいた動物の為、

して欲しい事があるからと、おねだりをする動物ではありません。

しかし、子猫の時に母親におねだりする事はあります。

つまり、

自分で獲物を取らずとも、

人間が美味しい食事を運んできてくれる現代の猫だからこそ、

この鳴き方を大人になってもしてしまうのです。

鳴き方は、挨拶の時より少し長めに「にゃーぉ」と鳴きます。

 

「1.挨拶」と「2.おねだり」の参考動画

 

3.嬉しい・安心は「ゴロゴロ」

猫は満足感を得た時に、

「ゴロゴロ」と喉を鳴らす様に鳴きます。

 

これは、子猫が母猫に対し、

親愛の意味を込めて鳴いていた頃の名残と言われています。

また、猫が頭を擦り付けたり、甘噛みしてきた時は、

「これ以上ない幸せ」と思っている時です。

 

「3.嬉しい」の参考動画

スポンサーリンク

ご機嫌斜めな猫の鳴き方

猫はいつでもご機嫌な訳ではありません。

気分が優れない時もあれば、寂しい時もあります。

ここでは、ご機嫌斜めな時の猫の鳴き方を紹介します。

 

1.威嚇は「フーッ」「ナ~」

猫は自分のテリトリーに侵入者が現れたり、気持ちを乱されると、

その相手を威嚇します。

その際、全身の毛を逆立て、背中を丸くし、牙をむき出しにします。

これは、自分の体を大きく見せ、相手が逃げていく様、仕向ける為です。

世にも恐ろしい顔と声を相手に見せ、喧嘩を未然に防ごうという、

猫の手段です。

鳴き方は、どちらも低めの声で、長めに鳴きます。

 

2.攻撃は「ギャオー」

威嚇しているにも関わらず、

パーソナルスペースに侵入してきた相手に対し、

猫は攻撃をします。

  1. 最初は前足で突く様に牽制し、
  2. 次に猫パンチをします。
  3. それでも相手が向かってくる場合は、相手の顔面を引っ掻いたい、お腹に噛みついたりと、猫により様々です。

鳴き方は、大きな声を出し、繰り返し声を上げます。

 

「1.威嚇」と「2.攻撃」の参考動画

 

3.寂しい時は「みゃー」

この鳴き方は、主に子猫に見られます

母猫が近くにいない時、子猫は不安になり、この声で鳴きます。

大人になってもこの声で鳴く猫は、

1匹で長時間お留守番している場合飼い主を母猫と思っている場合が多いです。

鳴き方は、いつもより高い声で、ゆっくりと鳴くという点が特徴です。

 

「3.寂しい」の参考動画

 

欲望がむき出しの猫の鳴き方

猫は欲望がある時も鳴きます。

 

1.獲物を狙う時は「グルッカッカッ」

猫は欲しい物を見つけると、

喉の奥を鳴らす様に「グルッカッカッ」と鳴きます。

この鳴き方は、窓の外に鳥がいたり、家の中に虫や害獣が出た時によく見られます

 

「1.獲物を狙う時」の参考動画(27秒頃)

2.イライラは「みゃっ!みゃっ!」

猫は欲しい物が手に入らないと、

「みゃっ!みゃっ!」と短く切る様にして鳴きます。

これは、

窓の外に鳥を見つけても捕獲しに行けず、もどかしい時や、

家の中に虫や害獣が出ても、

屋外や手の届かない隙間等に逃げられてしまった時に見られます

 

「2.イライラ」の参考動画(動画開始すぐ)

3.発情期は「うおぉーん」

猫は発情期になると、

相手を探す時や、

満たされない気持ちを発散する為に、

「うおぉーん」と大きな声で鳴きます

「こんな大きな声で鳴けるとは!?」と、

飼い主さんが驚く程、大きな声で鳴く猫もいます。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ