【シャイで従順な猫】ロシアンブルーの性格と特徴


【シャイで従順な猫】ロシアンブルーの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はロシアンブルーの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

ロシアンブルーの由来

ロシアンブルーのルーツは、

ロシアにあるアルハンゲリスク港で発生した

ブルーの猫だとの説があります。

 

ロシアンブルーは、別名アルハンゲルキャットと呼ばれていて、

その理由は、このアルハンゲリスク港の名前に由来しています。

 

現在のロシアンブルーの原型は、

1800年代中旬に、ロシアの商船に乗ってイギリスまでやってきた猫が、

イギリスなどのブリーダーたちの手に渡り、

繁殖されたものだと言われています。

 

 

1900年代に、イギリスで血統登録され、

ロシアンブルーという名前が決められました。

 

しかし、第二次世界大戦の時に数が減少したので、

一時は絶滅の淵に立たされました。

 

なんとかシャムとの交配で維持されましたが、

体型がぽっちゃり型になってしまいます。

 

その後、スカンジナビア半島やイギリスにいた血統の個体と交配して、

元のスリムな体型のロシアンブルーに戻りました。

 

現在でもとても人気の品種です。

スポンサーリンク

ロシアンブルーの特徴

ロシアンブルーの特徴は、

スリムな体型で、フォーリンタイプといわれるボディです。

 

脚は長くて華奢な感じです。

 

全体的にしなやかで、優雅な印象を受けます。

動きも機敏です。

 

目が丸く、グリーン色の美しい目を持ち、

丸みを帯びた口元で、微笑んでいるような口をしています。

 

これは「ロシアンスマイル」といわれ、愛されています。

 

被毛は熱いダブルコートで、

名前の由来にもなっているブルーの光沢があり、

とても美しく、その手触りはとてもシルキーで、

筆舌に尽くしがたいものです。

 

ロシアンブルーの性格

ロシアンブルーの性格ですが、

とてもおとなしい性格で、めったに鳴いたりはしません。

 

とても頭がよくて、しつけもしやすい品種です。

そのため、飼い主にもとても従順で、

飼いやすい猫でもあります。

 

しかし、飼い主以外には警戒心が強く、

シャイな一面も持っています。

 

ロシアンブルーの注意点

ロシアンブルーを飼育する上で注意したいことは、

個体を選ぶ際に

「警戒心の強い個体を選ばない」

という点も重要だと思います。

 

元々の性格は飼い主に愛情深いロシアンブルーですが、

シャイな一面が強いと人見知りをしたり、

飼いにくいと感じることもあるかもしれないからです。

 

また、ブラッシングの回数ですが、

ロシアンブルーは短毛なので、

ブラッシングは一日一回で問題ないと思います。

 

その他、あまりかかりやすい病気もなく、

とても丈夫な種類なのですが、

ごはんを与えすぎると、すぐに肥満になってしまいます。

 

肥満になると、関節や臓器などにも負担がかかってきて、

色々な病気を引き起こす原因にもなります。

 

食事管理は徹底して行い、適切な給餌を心がけましょう。

 

また尿路結石にかかる個体も、時々いますので、

食事の質に気をつけたり、

普段からおしっこの回数を確認して、

尿をきちんと出しているかなどチェックすることが大切です。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ