【スリムで気品がある】シャム猫の性格と特徴


【スリムで気品がある】シャム猫の性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はシャム猫の性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

シャム猫の由来

シャム猫は、タイ原産の猫の品種です。

 

特にこのシャム猫という品種は、

タイの王族や貴族しか、飼うことが許されなかったと言われています。

 

シャム猫のシャムとはタイのことです。

 

タイは1939年までシャムと呼ばれていたため、

気品があり由緒正しいこの猫をシャム猫と呼ぶようになりました。

 

シャム猫が世界に知られるようになったきっかけは、

タイのイギリス総領事館に勤めていたゴールド氏に、

タイ王室がシャム猫をプレゼントしたことがきっかけです。

 

 

このプレゼントされたシャム猫が、

ロンドンのキャットショーに出場し、

多くの賞を獲得した上に、人気に火がつきました。

 

また英語表記でシャム(siam)=サイアムになるため、

英語圏ではサイアミーズと呼ばれることもあるようです。

スポンサーリンク

シャム猫の特徴

シャム猫は、雄でも4kg程度にしか増えず、

しなやかでスリムな体型の品種です。

 

小ぶりな顔や尖った耳、長い四肢、尻尾に至るまでが細く長いのが特徴です。

 

前足に比べると後ろ足が長く、気品溢れる立ち居振る舞いです。

 

短毛ですが、顔、耳、足の先、細くしなやかな尻尾の被毛が特徴的で、

綺麗に澄んだ美しいブルーの瞳が映えます。

 

この特徴的な被毛は、成長とともにはっきりするものです。

 

シャープな鋭い爪をもつのもこの猫の特徴の1つでしょう。

 

シャム猫の性格

シャム猫の性格は、猫らしく、とても気ままです。

心を許した飼い主への忠誠心を見せます。

 

また、好奇心旺盛で活発なため、とてもよく動きます。

高い場所を好み、木登りなども得意です。

人と遊ぶのがとても大好きな品種です。

 

シャム猫を飼う際の注意点

シャム猫は好奇心旺盛で活発な性格なので、

適度に運動させてやる環境づくりが必要です。

 

走ったり、高いところへ登ったりすることが好きな品種であるため、

飼育する際にはある程度の広さが必要となります。

 

反対に、狭いところへ閉じ込めてしまうと、この品種にとってはストレスとなってしまいます。

 

シャム猫はとてもよく動くので、

部屋のレイアウトなどを検討し、怪我にも注意してやる必要があります。

 

シャム猫にストレスがたまらないよう、

適度に遊び相手をしてやることも大切です。

 

 

また、繁殖期の雄の鳴き声がうるさいため、

繁殖などを考える場合には注意が必要となります。

 

その他にも、シャム猫の原産国がタイであるため、

寒い場所が苦手です。

 

なので、シャム猫を飼う際には、

暖かい場所で飼育をしてあげる必要があります。

 

シャム猫の動画

 

 

 

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ