【社交的な猫?】ベンガルの性格と特徴


ベンガルの由来と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はベンガルの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

ベンガルの由来

ベンガルがはじめて生み出されたのは、1950年代のことだと言われています。

 

 

アメリカのアリゾナ州に住むジーン・サグデン・ミル氏が、

ヤマネコであるアジアンレパードキャットとイエネコを交配したところ、

メスの仔猫が生まれ、

そのメスの子供である猫たちの被毛に美しい斑点模様が表れたのです。

 

その後の1970年代にカリフォルニア大学で行われた、

アジアンレパードキャットからネコの白血病ワクチンを採取しようという試みにおいても、

アジアンレパードキャットとイエネコの短毛種との交配が行われました。

 

交配が行われたのは「アビシニアン」や「アメリカンショートヘア」とであり、

現在に至るベンガルの原型となっています。

 

そして1983年にミル氏の手によって、

ベンガルはTICA(国際猫連盟)において正式に血統登録されたのです。

 

 

ベンガルの特徴

ヤマネコの血を引くベンガルの特徴は、

何といってもそのヒョウのような斑点模様です。

 

きらきらと輝く被毛に浮かび上がる美しい斑点は、多くの人々を魅了してやみません。

 

ヤマネコというルーツを窺わせる体つきは筋肉質で、

野性味あふれる精悍さを感じさせます。

 

ベンガルの性格

そのワイルドな外見とは裏腹に、

性格はとても社会的で明るいと言われています。

多くの個体が温厚で人懐こく、総じてフレンドリーな気質です。

 

おしゃべりが好きで飼い主の呼びかけに鳴き声で応えたり、

甘える仕草を見せたりと、

見た目とのギャップが愛おしく感じられますね。

 

ベンガルの平均体重は3kg~6kg、平均寿命も12~15年と、

一般的な猫とほとんど同じように育てることが可能です。

 

ベンガルの注意点

ベンガルは猫の中でも特に活発で運動量が多く、

自由に動き回れない場所ではストレスを感じやすくなります。

 

家の中でもベンガルが十分に運動できるように、

広いスペースを作ってあげることが大切になります。

 

高いところに登ることを好む個体も多いので、

キャットタワーなどを用意して上下運動が出来るような空間作りをしてください。

 

また、ベンガルはとても遊び好きな性格です。

遊ぶことはストレスを発散させ、運動量を増やすことにもつながります。

 

ベンガルの心身を健康に保つため、

ベンガルが疲れるまで徹底的に遊んであげるよう努めましょう。

 

ベンガルの活発さの源になるのが食べ物です。

エサはイエネコよりも多い量を用意し、高タンパク・高カロリーになるよう意識することが必要です。

 

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ