【人懐こくておとなしい】アメリカンカールの性格と特徴


【人懐こくておとなしい】アメリカンカールの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はアメリカンカールの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

アメリカンカールの由来

アメリカンカールという名は外向きにカールした耳を持っていることに由来します。

アメリカンカールは比較的新しく作出された品種で、

1981年にアメリカ合衆国カリフォルニア州レイクウッドのルーガ夫妻の家に迷い込んだ2匹の子猫が発祥とされています。

 

子猫のうちの1匹は、黒く長い毛と外向きにカールした耳を持っていたので、

シュラミス(Shulamith;黒い美人)と名付けられました。

 

シュラミスは成長して4匹の子猫を生んだのですが、

このうち2匹がやはり外向きにカールした耳を持っていました。

 

すなわちこの特徴は遺伝的な特徴であるということを示しています。

この子猫達をもとに品種の固定が行われたので、アメリカンカールはすべてシュラミスの子孫といえます。

 

スポンサーリンク

アメリカンカールの特徴

アメリカンカールの最大の特徴は何といっても品種名が示す通りの「外向きにカールした耳」です。

この耳は突然変異によるものと考えられていて、

アメリカンカールから生まれる子猫の半分以上は、このカールした耳を持ちます。

 

子猫は生まれたときは普通の耳ですが、

数日経つとカールし始め、4カ月ぐらいで落ち着きます。

 

毛種は短毛種と長毛種が認められていますが、

この品種のもとになったシュラミスは長毛でした。

 

この他にも長い尾やかわいらしい目も特徴です。

 

体重は3~5kgで、一般的な猫と同じか少し軽いくらいです。

オスよりメスの方が少し軽くなります。

 

性格は人懐こくおとなしいので留守番にも向きます。

寿命は13~16歳ほどで、一般的な猫と同じくらいです。

 

アメリカンカールの注意点

アメリカンカールの最大の特徴である外向きにカールした耳ですが、

弱点でもあります。

 

アメリカンカールの耳の内部は軟骨でできており、

あまり触わり過ぎると軟骨を傷つけてしまうことがあります。

 

また、この特徴的な大きな耳は、

外耳炎など耳の病気が発症しやすくなっています。

 

足で耳を掻いていたら要注意です。

 

耳をしつこく触るのは厳禁ですが、

日ごろから手入れをしてあげることで、このような耳の病気を予防することにもなります。

 

 

長毛種のアメリカンカールの場合、なめらかな毛を保つためには、

朝晩1回のブラッシングとコーミングを欠かさないようにしましょう。

 

また、短毛種の場合でも、1日1回程度ブラッシングしてあげると良いです。

シャンプーは毛の流れに沿って洗うと毛が痛みません。

 

性格は人懐こくおとなしいですが、遊びも大好きな品種です。

毎日充分に遊んであげると良いです。

 

アメリカンカールの動画

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ