【臆病で好奇心旺盛!?】マンチカンの性格と特徴


【臆病で好奇心旺盛!?】マンチカンの性格と特徴

neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はマンチカンの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

マンチカンの由来

「短足猫」としての存在は、

突然変異体として20世紀には存在が確認されていましたが、

「マンチカン」という猫種としての歴史は他の猫種の歴史の中でも浅い方に属します。

 

マンチカンの誕生は1983年。

米国ルイジアナ州でトラックの下で過ごしていた短足猫を保護したことから始まったと言われています。

 

通常の猫に比べて足が短いことから様々な研究が行われました。

研究の結果、病気や障害ではなく遺伝的に健康体であることが判明したので、

この短い足をもつ猫と通常の足を持つ猫の交配を試みたところ足の短い猫が誕生したということです。

 

ここから、この短い足の猫を新たな猫種として積極的に肯定する者(主にブリーダー)と、

これを遺伝的以上として公認を避けるべきと考える者との衝突が繰り返されました。

 

そのような中で繁殖が繰り返された結果、

1995年、ザ・インターナショナル・キャット・アソシエーション(TICA)によって新種と認定されました。

 

「マンチカン」という名前のは「短縮」「長い骨が曲がる」という語源に由来していますが、

実際に骨が曲がっていたり伸縮に異常があるということはありません。

 

また、英語で「マンチキン=小さい人、子供」に由来している、

オズの魔法使いに登場する小人の種族「マンチキン」に由来するという説もあります。

 

スポンサーリンク

マンチカンの特徴

一番の特徴は何と言ってもその短い足で、大人になっても10cmほどにしかなりません。

この短い足でよちよちと走り回っている姿は何とも愛らしいものですね。

 

足が短いとは言え、運動能力は決して低くはありません。

意外と走るのも速いのです。

ジャンプや木登りもお手の物で、ジャンプが苦手な子は工夫して高いところに登ろうとする賢さも持ち合わせています。

 

マンチカンの性格

マンチカンは、穏やかで明るく、好奇心が旺盛なので、

アグレッシブに動き回り茶目っ気もあります。

 

一方で飼い主に対しては甘えん坊なので、

すり寄って甘えてきて人懐こい一面も見せてくれます。

 

外見と性格の可愛らしさに、飼ってしまうと虜になってしまいそうですね。

体重は2~4キロほど。長毛・短毛どちらの種類もおり、なめらかな手触りです。

 

マンチカンの注意点

マンチカンは臆病で用心深い一面も持っています。

しつけをする時には、大きな声で怒鳴ったり叩いたりすることは絶対にやめましょう。

 

マンチカンが外敵と判断してしまい、二度と近寄ってこなくなってしまう事もあります。

失敗してしまっても、優しく教えてあげてくださいね。

 

また、マンチカンは好奇心旺盛です。

マンションで飼うような場合にはベランダから不意に飛び降りてしまう事もあるので、

ベランダやバルコニーには出さないようにしてください。

 

しつけの中で最も重要となってくるのがトイレです。

トイレの場所をしっかりと教えてあげてください。

 

マンチカンは自分の排泄物の臭いがするところをトイレと認識しますので、

もし失敗して床でしてしまった場合には臭いがしないようにきれいに拭き取ってください。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ