【短い尻尾をもつ社交的な猫】メコンボブテイルの性格と特徴



neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回はメコンボブテイルの性格とその特徴について、

説明します。

スポンサーリンク

 

メコンボブテイルの由来

メコンボブテイルの由来は、諸説あるのですが、

祖先となった猫は、

タイの僧院で飼育されていた猫が発展されたと言われています。

 

その猫は薄い地色を持ち、

耳や顔など特定の部分の被毛が濃くなっている

ポイントカラーと言われる特徴を持っていました。

 

 

ボブテイルという短い尾を特徴とした品種です。

メコンボブテイルの祖先猫として判明しているのは、

ロシアの有名な俳優がイランや中国、ベトナムや

その他の東南アジア各国から輸入した猫です。

 

 

これらの猫は、WCFのジャッジの女性らの尽力もあり、

2004年の8月にWCFに品種として認められました。

 

現在は、

ロシアやベラルーシ、ラトビア、ポーランド、ドイツなどで

主にブリーディングされています。

スポンサーリンク

メコンボブテイルの特徴と性格

メコンボブテイルの特徴としては、

短いしっぽとポイントカラーと言われるものです。

 

ポイントカラーは地色は薄くて、

特定の箇所だけに濃い色が現れるというパターンです。

 

被毛は短毛で光沢があります。

ポイントはシールポイント、レッドポイント、

レッドタビーポイント、シールトーティポイントなどがあり、

バラエティに富んでいます。

 

とても珍しい、

ブルーポイントやクリームポイントなども存在しています。

 

ボディサイズはミディアムで、

筋肉質でもありながら、スレンダーな体型をしています。

とてもスタイルがいいのです。

 

目はアーモンド形をしており、カラーはブルーです。

やや斜視気味です。

 

 

メコンボブテイルの性格は、非常に社交的な性格をしています。

子供や先住の動物などとも仲良く共存できる個体が多いようです。

 

メコンボブテイルを飼う際の注意点

メコンボブテイルを飼育する上で注意したいことを紹介します。

 

まず短毛なので、

ブラッシングは週に1~2回程度の頻度で十分です。

 

またメコンボブテイルはよく遊びますので、

キャットタワーなどを設置してあげると、よく遊びます。

また運動不足も解消できますので、ぜひ設置してあげましょう。

 

運動不足は肥満につながったり、ストレスにもなります。

肥満とストレスはとても身体に悪影響を与えますので、注意しましょう。

 

しかし、外飼いはオススメできません。

野良猫は、致死性の高いウイルスなどに感染している場合もありますし、

ノミやダニをもらってきたり、交通事故などにつながることもあります。

 

完全に室内だけで飼育することがとても重要です。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ