【希少でスポット柄を持つ猫】モハーベスポッテドの性格と特徴



neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回は、モハーベスポッテドの性格と特徴について

説明します。

スポンサーリンク

 

モハーベスポッテドの由来

モハーベスポッテドは、

そもそもイエネコとして作られた種ではありません。

 

もともとは米国カリフォルニア州の

モハーベ砂漠に住んでいた野生種です。

 

ヤマネコを思わせるスポット柄が付いている体毛が、

その名前の由来です。

 

野生種の時代にはそれほど注目を集めることはなかった猫種なのですが、

1990年代に個体数が激減し、

絶滅の危機に陥ったのがきっかけで注目を集めるようになりました。

 

地元の有志が

モハーベスポッテドを絶滅の危機から救うために保存計画を作成し、

1996年からベンガルアビシニアンとの交配を行いました。

 

その結果、徐々に個体数が増加していき、

2007年からはモハーベスポッテド単体での交配が行えるようになりました。

 

こうした経緯から、希少品種の登録を専門に行うREFRの公認を受けています。

スポンサーリンク

モハーベスポッテドの特徴と性格

モハーベスポッテドの特徴は、

ヤマネコを彷彿させるスポット柄です。

 

この特徴的な体毛は、

根元と先端で色が違っているというのがポイントです。

 

体重は比較的幅があり、

大きいものだと10キロに達することもあるとされています。

 

前述のように元が野生種で、保存計画においても

「人間に飼い慣らされないという野生の資質を損なわないこと」

という趣旨が徹底されていました。

 

このため、野性味を残した筋肉質でがっしりとした体形をしており、

比較的丈夫な猫種に入るとされています。

 

性格の方もそうした経緯から野性味を十分に残しており

好奇心が旺盛でアクティブ、独立心が強く外交的と、

ある意味では非常に猫らしい性格だといっていいでしょう。

 

モハーベスポッテドを飼う際の注意点

上にも書きましたが、保存計画の趣旨から野性味を強く残している猫種です。

 

非常にアクティブな性格ですので、

最初からイエネコとして作られた猫種のような大人しさとは

無縁といっていいでしょう。

 

そもそも保存計画の経緯から米国でしか繁殖が行われていない種なのですが、

仮に日本に連れてきたとしても、

狭い集合住宅での完全室内飼いに向いている種とはいえないでしょう。

 

いかにしてストレスを和らげてやるかがポイントになりそうで、

そういう意味では小さな子供や他の動物と共生することについても、

どちらかといえば不向きになってくるのではないでしょうか。

 

体毛については短い部類に入りますので、

ブラッシングは1日1回程度と比較的手がかからない部類に入ります。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ