【短い足に巻き毛の陽気な猫】ラムキンの性格と特徴



neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回は、ラムキンの性格と特徴について

説明します。

スポンサーリンク

 

ラムキンの由来

足が短い猫としてポピュラーになってきたマンチカンですが、

「この体形を別の猫種にも取り入れたい!」

という要望が多くなってきているのでしょうか?

 

近年はマンチカンと、他の猫種との交配による新種の誕生が相次いでいます。

ラムキンもそのうちの1つで、米国原産です。

 

同じ米国原産で巻き毛を持つ種、

セルカークレックスとの交配を行って誕生した新種で、

両方の特徴を併せ持っています。

 

品種名の「ラムキン」とは、

英語で「子羊」という意味です。

 

一方で、英語で小人を意味する「ナナス」という言葉もあり、

ナナスとセルカークレックスを合わせた「ナナスレックス」という別名もあります。

 

猫の血統登録機関であるTICAと、

小型猫専門の登録機関であるTDCAの公認を受けています。

スポンサーリンク

ラムキンの特徴

ラムキンの体形的な特徴は、

マンチカン譲りの短い足と、

セルカークレックス譲りの巻き毛です。

 

短毛種と長毛種の両方がいるのですが、

2つの猫種の特徴を併せ持つことで子羊のように見えることが、

ラムキンの名前の由来になっているほど特徴的な外見です。

 

体重は1.5~4キロと比較的小さい部類で、

別名である「ナナス」は、この体の小ささからきています。

 

 

ラムキンの足は短いので、運動が得意そうには見えませんが、

イスやベッドへ跳び上がって乗るぐらいなら全く問題なくこなせます。

 

ラムキンの性格

ラムキン性格は比較的穏やかなうえ、

陽気な部類なので、あまり人見知りすることもありません。

 

必要なとき以外はあまり鳴くこともありませんので、

比較的手がかからない部類の猫種だとされています。

 

ラムキンを飼う際の注意点

上にも書きましたように、ラムキンには短毛種と長毛種がいます。

 

短毛種でしたら1日1回のブラッシング程度で問題ないのですが、

長毛種の場合はそれなりのケアが必要になってくるでしょう。

 

また、ラムキンは性格的にも手がかからない部類とされていますが、

どちらかといえば放置しすぎてストレスがたまってしまわないように

気を配る必要があるかもしれません。

 

 

ラムキンは、比較的新しい猫種なので、

平均寿命や遺伝病についての詳細は判明しておらず、

今後の調査が必要になってきます。

 

ただ、ダックスフント、コーギーといった足の短い犬は

ヘルニアになりやすいとされています。

 

マンチカンにも同様の傾向が見られるといいますので、

その点は注意しておくに越したことはないでしょう。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ