【友好的で柔い被毛の猫】ヨークチョコレートの性格と特徴



neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回は、ヨークチョコレートの性格と特徴について

説明します。

スポンサーリンク

 

ヨークチョコレートの由来

ヨークチョコレートは、

ニューヨークのジャネット・チファリーの家で生まれた

チョコレート色の猫が元となった品種です。

 

 

1983年に黒の長毛種と白黒の長毛種を交配させ、

茶色の被毛を持った子猫が生まれました。

 

この子猫と雄黒猫を交配させたところ、

翌年の夏に子猫が生まれます。

 

一匹はチョコレート色の雄

もう一匹はホワイトとチョコレートの混じった雌が生まれました。

 

この被毛に興味をもったチファリーが、

繁殖を進めた結果、1989年には、27匹に増えていました。

 

同年の9月に行われたキャットショーで、

この猫を出場させたところ、このチョコレート色の猫が優勝したのです。

 

これがきっかけとなり、

チョコレート色の猫を品種として確立させるために、

更に作成を進めました。

 

1992年3月にCFFで、

1995年にCCAでチャンピオンシップステータスを獲得して、現在に至ります。

スポンサーリンク

ヨークチョコレートの特徴

ヨークチョコレートの特徴は、その被毛です。

ソリッドと呼ばれる単色の色では、チョコレート、ライラック。

バイカラーと呼ばれる、2色の場合では、

  • チョコレートとホワイト
  • ライラックとホワイト

この2種類が、ヨークチョコレートとして、認められています。

 

子猫の頃は薄い色をしていますが、

成長に伴って色が濃くなっていきます。

 

被毛はとても柔らかくて、首元や胸元が厚くなります。

目は大きく、アーモンド形をしていて、

色はグリーンやゴールドがあります。

 

首は長く、しっぽは先にいくにしたがい細くなる形状です。

体重はオス6~7kg程度、メスで5kgほどなので、

一般的な猫と同等か、やや大きめサイズになります。

 

ヨークチョコレートの性格は、

友好的で落ち着きがあります。

 

また、飼い主とのスキンシップも大好きで、

抱っこや撫でられたりするのが好きです。

 

ヨークチョコレートを飼う際の注意点

ヨークチョコレートのグルーミングは、週に1~2回のブラッシングで十分です。

ただし、スキンシップを取ることを目的とするならば、

もう少し回数を増やしても良いかもしれません。

 

ヨークチョコレートはスキンシップが大好きなので、

出来るだけ放ったらかしにせずに、スキンシップをよく行ってあげましょう。

 

放っておくとかまってくれないストレスで、体調を崩してしまうこともあります。

ストレスは免疫力を下げてしまいますので、注意が必要です。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ