猫もあくびで涙が出る?気になる仕組み&注意したい病気3つ



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

猫があくびをする姿を見ていると、

「猫もあくびをすると涙が出るのかな?」

という疑問が湧きますよね。

 

今回の記事では、謎めいたその真相を解明するとともに、

猫が涙を流しやすくなる3つの病気について紹介していきます。

スポンサーリンク

猫もあくびをすると涙が出るって本当?

私たち人間はあくびをすると、同時にが出ることがありますよね。

 

いつも豪快にあくびをする猫も、

同じように涙が出るものなのでしょうか?

 

まずは、気になる真相を解き明かしていきます。

 

あくびが涙腺を刺激する!?

猫の涙には2種類あり、

目のうるおいを保つための基礎分泌による涙のほかに、

刺激に反応して出る涙というものがあります。

 

猫があくびをするとき、その顔の筋肉は大きく動き、

涙腺が刺激されるため、涙が出やすくなることがあるんだとか。

 

 

つまり、猫も人間と同様に、

あくびで涙が出ることはあるというわけですね。

 

猫が悲しみから涙を流すことはある?

人間では悲しいときなどにも流れる涙ですが、

猫も泣くことはあるのでしょうか?

 

調べたところによると、犬や猫といった動物は、

感情によって涙をこぼすことはないようです。

 

意外なことに、人に近しい類人猿も、

悲しみから涙を流すことはないんだそう。

 

スポンサーリンク

猫が涙を流すようになる病気とは

あくびをすると出ることもあると分かった、猫の涙。

 

しかし、猫があくびをするとき以外にも、

頻繁に涙を流しているというときは、

何らかの病気を疑う必要があるでしょう。

 

ここでは、猫が涙を流すようになる3つの病気を紹介していきます。

 

1.流涙症

鼻炎や結膜炎などが原因で、

涙がスムーズに排出されなくなっている状態を言います。

 

涙が多くなるだけでなく、

目やにが見られたり、目の下に涙やけが起こるのが特徴です。

 

2.猫ウイルス性鼻気管炎

いわゆる猫風邪の一種です。

 

涙のほかにくしゃみや鼻水、発熱といった症状が見られることも。

 

猫が野良猫と接触できる環境にあったり、

飼い主が野良猫を触ったりする場合には、

特に注意が必要な病気となっています。

 

3.急性緑内障

急激に眼圧が上がる急性緑内障が原因となり、

猫が涙を流すようになることがあります。

 

緑内障は早期治療が大切な病気のため、

猫に目を痛がるそぶりがあったり、

食欲減退や嘔吐といった異常が見られたりするときは、

すぐに動物病院を受診するようにしてください。

 

猫の中でも特に涙が出やすい品種がある!?

さまざまな病気が隠れていることもある猫の涙ですが、

中でも涙のトラブルを起こしやすい品種があると知っていますか?

 

最後に、涙が出やすい猫の品種について解説していきます。

 

鼻の低い「短頭種」は要注意

ペルシャやヒマラヤン、エキゾチックショートヘアといった品種の猫は、

ほかの猫に比べて鼻が低く、短頭種と呼ばれます。

 

これらの猫は涙の排出に問題があることが多く、

流涙症などの涙に関連した病気を発症しやすいんだとか。

 

飼い猫が短頭種の場合には、

目の状態には特に注意することが重要です。

 

涙のほかに鼻炎などのトラブルも

いわゆる「鼻ぺちゃ」の猫は、

ほかの猫よりも鼻炎副鼻腔炎が慢性化しやすいと言われています。

 

短頭種の猫に鼻水やくしゃみ、

呼吸が荒いといった様子が見られるときは、

症状を長引かせないよう、早急に治療を受けさせるようにしてください。

 

 

実は猫にもあると分かった、あくびをしたときの涙。

あくび以外でも涙が見られるという場合は、

念のため、獣医師に相談するようにしてくださいね。

コピペチェックの結果を表示する

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ