【短い足と被毛が短い猫】ミンスキンの性格と特徴



neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回は、ミンスキンの性格と特徴について

説明します。

スポンサーリンク

ミンスキンの由来

ミンスキンの由来は、アメリカのマサチューセッツ州にあります。

ボストンに住んでいた、ポール・マクサーリーという人物が作出した、

とても新しい品種になります。

 

 

そして被毛を短くするために

スフィンクスという品種が使われています。

 

その他にもデボンレックスバーミーズなども使用されています。

初めてミンスキンが誕生したのは、2000年の7月です。

 

そして2005年には、頭数は50頭にまで増え、

その後TICAにより公認、品種として認められました。

 

ミンスキンという名前の由来は、

短足を表すミニチュアの“MINI”と、皮膚を表す“SKIN”を合わせて名付けられました。

スポンサーリンク

ミンスキンの特徴

ミンスキンの特徴は、その短い足と被毛です。

 

足はとても短く、ダックスフントの様な体型です。

マンチカンから与えられたこの短い足は、

ミンスキンに個性を与えています。

 

また被毛は3種類存在していて、それぞれ

  1. ヘアレス
  2. ファーポインツ
  3. フリーコーテッド

この3つが存在します。

 

ヘアレスは被毛がまったくないもので、

ファーポインツはポイント部にだけ被毛があるもの、

フリーコーテッドは全身に被毛が生えているものを、それぞれ指します。

 

ポイントとは地色とは異なる色をした部分のことです。

 

フリーコーテッドの体毛はとても手触りがよく、

カシミアのようであると表現されます。

丸い頭に、大きな耳もこの種の特徴です。

 

また被毛が短いので体温が直接感じられ暖かいです。

 

 

ミンスキンを飼う際の注意点

ミンスキンを飼育する上で注意したい点は、

被毛が薄いため皮脂が吸収されないことです。

 

皮脂が吸収されない分、

すぐに体がベトベトになってしまうので、

定期的に入浴が必要になります。

 

動物用のシャンプーを適切に使用して、洗ってあげましょう。

 

皮膚のケアを怠ると、皮膚病になりやすくなります。

細菌が繁殖する膿皮症などにもかかりやすくなりますので、注意しましょう。

 

もし、皮膚に異変が見られたら

動物病院に連れていき、適切な処置を行ってください。

 

日頃から皮膚の状態をよく観察しておくといいでしょう。

 

 

また、ミンスキンはとても愛情深い性格をしているので、

人はもちろん、他の猫などともうまく共存ができます。

 

ただし、放っておくとストレスの原因にもなるので、

飼い主さんは時々はスキンシップもかねて遊んであげましょう。

 

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ