猫のあくびが多いときの原因は?見直すべき3つのポイント



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

「猫が頻繁にあくびをする……何か意味があるの?」

と疑問に思ってはいませんか?

 

実は、猫のあくびは単なる生理現象というだけでなく、

さまざまな気持ちが込められていると言われています。

 

今回の記事では、猫があくびを繰り返すときの理由と、

飼い主が見直すべき3つのポイントについて紹介していきます。

スポンサーリンク

 

やたらとあくびをする猫、もしかして病気?

猫がしきりにあくびをしていると、「どこか調子が悪いのかな?」

と不安になってしまいますよね。

 

実際のところ、何かの病気である可能性はあるのでしょうか?

 

まずは、猫のあくびと病気の関連性について解説していきます。

 

あくびだけなら心配無用

そもそも、猫は人間よりも多くあくびをする動物です。

 

眠くなったときだけでなく、

眠気覚ましや、気分転換をしたいときなどにもあくびをするため、

猫があくびを繰り返していても

特に心配する必要はないと言えるでしょう。

 

ほかに気になる点があれば病院へ

ただ、あくびのほかに口臭や大量のよだれ

口内のただれといった症状が見られるときは、

何らかの病気が疑われます。

 

病状の進行を防ぐためにも、

すぐにかかりつけの獣医師に相談するようにしてください。

 

スポンサーリンク

猫のあくびが多い…チェックしたい3つの項目

あまり気にしなくてもよいと分かった、猫の頻繁なあくび。

 

しかし、それでも回数が多いと感じるときは、

一体どんな原因が考えられるのでしょうか?

 

ここでは、飼い主が見直すべき3つの点を紹介していきます。

 

1)猫にストレスを感じさせていませんか?

猫はストレスを感じると、

自分を落ち着かせるためにあくびをすることがあります。

 

環境の変化騒音など、猫を緊張させるものがないか、

一度よく確認することが大切です。

 

2)猫の意思を汲み取れていますか?

遊んでほしいときに餌を出されたり、

お腹が空いているときに撫でられたりすると、

猫は不満を表現するためにあくびをすると言われています。

 

猫の様子をよく見極め、

その気持ちを汲み取ってあげるようにしてください。

 

3)眠っている猫を起こしてはいませんか?

寝ているところを起こされた猫は、

抗議の意味であくびをする場合があります。

 

眠りの邪魔をされたくないのは、人も猫も同じ。

 

猫の休息を邪魔しないよう、睡眠中はそっとしておくとよいでしょう。

 

猫があくびをするときは口の中を観察しよう

猫の口内環境をチェックしたくても、

嫌がられてうまくいかないことも多いですよね。

 

そんなとき、大きく口を開ける猫のあくびは、

口内の状態を見る絶好の機会。

 

最後に、猫があくびをする際に確認したい3つのポイント

をピックアップしていきます。

 

1.口の中は赤くないか

猫の口の中が腫れていたり、赤くなったりしているときは、

口内炎や猫エイズウイルス感染症にかかっていることがあります。

 

逆に、口の中が蒼白青紫色の場合には、

猫伝染性貧血、喘息の可能性も。

 

2.口の中に潰瘍はないか

猫の口の粘膜にただれや潰瘍が見られる場合、

扁平上皮ガンやメラノーマなどの口腔ガンが疑われます。

 

猫の命にかかわる病気のため、

すぐに治療を受けさせるようにしてください。

 

3.歯がぐらぐらしていないか

猫の歯がしっかりと生えておらず、ぐらぐらしているというときは、

歯周病や歯根膿瘍(しこんのうよう)の危険性があります。

 

 

猫のあくびの回数が多くても、あまり心配する必要はありません。

ただし、あくびのほかに異常を見つけたら、

早急に動物病院を受診するようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ