猫の噛み癖が治らない!しつけ方のコツ&代表的な3つの原因



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

「何をしても猫の噛み癖が治らない!」と悩んではいませんか?

 

実は、猫の噛み癖をしつけて治すには、

飼い主の姿勢を見直す必要があることも。

 

今回の記事では、人を噛む猫をしつけるコツと、

噛み癖の主な原因について紹介していきます。

スポンサーリンク

 

猫の噛み癖、何が原因?

猫の噛み癖をなくすには、

まずはその原因を把握することから始めましょう。

 

初めに、猫が人を噛むようになる、

3つの代表的な原因について紹介していきます。

 

1.過度の興奮

遊びに熱中しすぎたり、鳥や虫などを見たりすると、

猫は狩猟本能から興奮状態になり、

飼い主をも攻撃してしまうことがあります。

 

猫を遊ばせる際にはほどほどで切り上げ、

興奮時には近づかないことも大切です。

 

2.猫を構いすぎている

かわいいからといって構いすぎると、猫がストレスを感じ、

飼い主を噛むようになることがあります。

 

猫とのスキンシップは、嫌がられない程度に留めるようにしてください。

 

3.幼少時の甘噛み癖が抜けない

子猫のうちの甘噛みを注意したり、制止したりしてこなかった場合、

猫が人を噛むことに抵抗がなくなり、噛み癖がつく場合があります。

 

スポンサーリンク

猫のしつけに甘やかしは禁物!

では、猫の噛み癖が治らないとき、

飼い主はどのような点を見直せばよいのでしょうか?

 

ここでは、人を噛む猫をしつける際のコツについて解説していきます。

 

行き過ぎた甘やかしは猫を増長させる

猫をかわいがるのは悪いことではありませんが、過剰に甘やかしたり、

言いなりになったりしてしまうと、

猫が飼い主を格下の存在と見なすようになることがあります。

 

猫に侮られていてはしつけもままならないため、

過度の甘やかしは避けるようにしてください。

 

飼い主としての威厳を忘れずに

猫の噛み癖をなくしたい場合、

時には強い姿勢が必要となることがあります。

 

たとえば、猫が攻撃的な態度を見せたときは、それ以上猫を構わず、

キッパリと無視するようにしましょう。

 

猫を優位に立たせることはせず、

飼い主としての威厳を持つことが重要です。

 

病気のせいで攻撃的になっていることも

多くの飼い主が悩んでいる猫の噛み癖ですが、

病気によって猫が凶暴になっている可能性も考えられます。

 

最後に、体調不良による猫の噛みつきについて説明していきます。

 

病気・ケガが噛み癖の原因に!?

甲状腺機能亢進症といった病気や、

骨折などのケガによって猫が攻撃的になり、

飼い主を噛むようになる場合があります。

 

過剰な食欲や体重の減少、体の一部をかばうような仕草など、

噛み癖以外にも異常が見られるときは、

かかりつけの動物病院を受診するようにしてください。

 

メス猫の場合は妊娠がきっかけになることがある

また、メス猫が急に人を噛むようになったというときは、

病気ではなく妊娠によって凶暴になっている可能性があります。

 

飼い猫がよその猫と接触できる環境にある場合には、

特に確率が高くなっていると言えるでしょう。

 

 

厳しい姿勢で行う必要がある、人を噛む猫のしつけ。

スムーズに噛み癖をなくせるよう、

普段から甘やかしすぎないことが大切です。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ