猫がほかの猫の首を噛むのはなぜ?知っておきたい2つの目的



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

飼い猫が同居の猫の首に噛みついて、

びっくりしたという経験はありませんか?

 

実は、猫同士の首元への噛みつきには、

大きく分けて2つの理由があると言われています。

 

今回の記事では、気になるその目的について解説していきます。

スポンサーリンク

 

オス猫がメス猫の首を噛むのは交尾の真似!?

ほかの猫の首に噛みつくのがオス猫の場合、

本能から擬似的な交尾を行っている可能性があります。

 

まずは、交尾に関連する首への噛みつきについて解説していきます。

 

首を噛むのは大人しくさせるため

ネコ科の動物は交尾の際、

オスがメスにのしかかり、首の後ろに噛みつきます。

 

この行動には、交尾の途中でメスが逃げ出さないよう、

大人しくさせる目的があると言われています。

 

猫の場合も同様で、オス猫がメス猫の首を噛む行為には、

交尾への欲求が込められていると考えられるのです。

 

生後4か月で性成熟が始まることもある

「うちの猫はまだ子どもなのに、交尾なんて……」

と思うかもしれませんが、オス猫は早ければ生後4か月ほどから、

同居の猫の首に噛みつくなどの性行動を見せる場合があります。

 

発情に伴う尿スプレーなどの問題行動を防ぐためにも、

去勢手術は早めに検討するとよいでしょう。

 

去勢するまでオス猫の発情を抑える方法は?

オス猫に性行動が見られるものの、

年齢的にまだ去勢手術を受けさせられないという場合には、

なるべく発情を抑える工夫が必要になります。

 

メス猫との接触を避けられるよう、

互いに隔離して飼育するようにしてください。

 

スポンサーリンク

猫同士で首を噛むマウンティングって?

猫が同性の猫の首を噛んだり、

メス猫がオス猫の首を噛んだりする場合には、

擬似交尾ではなくマウンティングだと考えられます。

 

ここでは、猫のマウンティング行為について紹介していきます。

 

自分の優位を誇示するのが目的

擬似的な交尾とは違い、マウンティング行為には

自分の力を相手に見せつけるという目的があります。

 

つまり、相手にのしかかり、急所である首を噛むことで、

自分が優位であることを認めさせるわけですね。

 

ちなみに、こういった示威行為はオス同士、メス同士だけでなく、

メス猫がオス猫に行うこともあると言われています。

 

擬似交尾との違いはあるの?

一見見分けがつきにくい擬似交尾とマウンティング行為ですが、

何か見分けるコツはあるのでしょうか?

 

実は、オス猫の擬似交尾では、マウンティング行為とは違い、

相手にのしかかりながら腰を振ることが多いとされています。

 

また、性器が露出していたり、射精した形跡が見られることも。

 

飼育環境の見直しが必要になることもある

上下関係を確認するためのマウンティング行為は、

多頭飼いにおいては珍しいものではなく、

あまり心配するようなものではありません。

 

しかし、過度のマウンティング行為により、

流血ストレスといった実害が猫に出ている場合には、

飼育環境を見直す必要があると言えるでしょう。

 

加害猫と被害猫が生活する部屋を分け、物理的に引き離してしまうなど、

飼い主が配慮を行うようにしてください。

 

 

実は2通りの意味があった、猫同士で首を噛むという行為。

猫同士の関係が悪化しそうな場合には、

早めに獣医師に相談してみるようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ