猫のあくびが臭い原因は?注意すべきポイント&3つの病気



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

「猫のあくびが臭い……一体何が原因なの?」

と疑問に思ってはいませんか?

 

普段は気にならなくても、膝の上などで猫があくびをすると、

臭いにぎょっとしてしまうことがありますよね。

 

今回の記事では、猫のあくびが臭くなる原因と、

その解消法について紹介していきます。

スポンサーリンク

 

猫のあくびが臭い…原因は何?

猫があくびをしたときに、その口臭が気になることがありますよね。

 

かわいい猫から不快な臭いがすると、

つい戸惑ってしまうかもしれませんが、

実際のところ、一体何が臭いを引き起こしているのでしょうか?

 

まずは、一般的な原因について紹介していきます。

 

歯磨き不足が口臭を引き起こす

猫の場合も人間と同様に、物を食べると食べかすが歯に残ります。

 

その上、猫は自分で歯のケアをするわけではないため、

飼い主が歯磨きをしてあげないと、

歯垢歯石が口臭の原因になってしまうのです。

 

ウェットフードは歯に汚れが残りやすい

また、フードにおいては

ドライタイプよりもウェットタイプの方が歯に汚れがつきやすく、

口臭を引き起こしがちだと言われています。

 

歯のケアをまめに行えない場合には、

餌をドライフードに替えてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

病気が口臭の原因となっていることも

多くの場合、単に歯磨き不足が原因となっている猫の口臭ですが、

時には病気によって引き起こされていることもあります。

 

ここでは、猫のあくびが臭くなる、

代表的な疾患をピックアップしていきます。

 

猫のあくびが臭くなる3つの病気

猫があくびをすると嫌な臭いがするというとき、

まず疑われるのは歯周病です。

 

また、口臭のほかに風邪や下痢といった異常がある場合には、

猫エイズウイルス感染症にかかっている可能性も。

 

さらに、口の中に潰瘍や出血が見られるケースでは、

口腔ガンを発症している危険があります。

 

単なる口臭と病気、見分ける方法は?

単純な歯磨き不足と病気による口臭は、素人には区別がつきにくいもの。

 

では、一体どのように見分ければよいのでしょうか?

 

調べたところによると、猫のあくびや息が臭いだけでなく、

自身の被毛など、猫が舐めたものまで臭くなるという場合には、

病気である確率が高くなっているようです。

 

猫の口臭が気になったときは、念のため、

猫が舐めたものの臭いも確認するとよいでしょう。

 

口臭をなくすには歯磨きが効果的

猫のあくびの臭いが病気によるものではない場合、

歯磨きなどのケアで口臭を取り除くことが可能になります。

 

最後に、猫の口臭をなくすためのケア方法について解説していきます。

 

まずは歯を磨く習慣を作ろう

初めて猫の歯をケアするというときは、

最初から歯ブラシを使うのではなく、

ガーゼを用いて歯磨きを行うのがおすすめです。

 

まずは歯を1本拭くことから始め、猫が歯磨きに慣れてきたら、

歯ブラシを使ってみるようにしてください。

 

最終的には、週に2~3回歯磨きを行うのが理想的です。

 

デンタルケア効果のあるキャットフードがある!?

どうしても歯のケアを嫌がる猫には、割高ではあるものの、

デンタルケア効果のあるキャットフードを与えてみてもよいでしょう。

 

また、猫がこういったフードを気に入らない場合には、

おやつタイプの歯磨きスナックを食べさせても。

 

 

歯磨き不足や病気が原因だと分かった、あくびをした際の猫の口臭。

普段から猫の歯のケアは定期的に行い、

異常を見つけたら獣医師の診察を受けるようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ