猫の膀胱炎に大活躍!? phコントロールの実力とは?


猫の膀胱炎に大活躍! phコントロールの実力とは?

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

尿路に結石が出来た場合、

尿のphをコントロールし、

結石を溶かす治療方法があります。

 

この治療方法は、

食事とこまめな検査を要します。

 

そこで今回は、phコントロールについてご紹介致します。

スポンサーリンク

 

phコントロールとは

phコントロールとは、

下部尿路疾患の猫に給与する事を目的とし、

特別に調合された食事療法食の事を指します。

 

主な特徴

・ストルバイト(※1)が形成されにくい弱酸性の尿になる様、

栄養バランスを調整しています。

 

・健康的な尿量にすべく、ミネラル等を調整しています。

 

・尿中のストルバイトやシュウ酸カルシウム(※2)等の

飽和度を正常値に下げます。

 

・結石の原因であるマグネシウムの含有量を制限しています。

 

【解説】

(※1)ストルバイトとは?

リン酸塩鉱物の1つです。

中性、アルカリ性の水には溶けず、酸性でれば、溶解する事ができます。

また、生体鉱物として、尿路結石として出現する事で知られています。

 

尿路感染症にかかると、

尿がアンモニウムに反応し、phがアルカリ性となる為、

尿路結石が生じるとされています。

 

(※2)シュウ酸カルシウムとは?

とても簡単に説明すると、水に溶けにくい、針状の結晶の事です。

日本の法令では、劇物として取り扱われています。

 

スポンサーリンク

健康な猫がphコントロールを食べる必要は無い

多頭飼いをしていると、

他の猫が食べている食事が気になるのか、

物珍しい食事に興味津々の猫がいます。

 

興味を持つだけなら、全く問題は無いのですが、

それを食べてしまう事には、問題があります。

 

phコントロールが猫の膀胱炎に効果的な理由

phコントロールは、猫に水を飲ます為、

一般的なキャットフードに比べ、

塩分がかなり多めに入っています。

 

これは、膀胱炎を患っている猫だからこそ、

健康への近道として食べて良い物であって、

健康体の猫が食べてしまうと、

塩分の取り過ぎにより、

膀胱炎になってしまう可能性も十分に考えられます。

 

また、膀胱炎が完治してからも、

phコントロールを続ける様、指導する獣医師と、

療法食として使用していた事から、

完治と共に打ち切りとする獣医師がいます。

 

これは、見解の違いや

その猫の状態を見た上で判断しています。

 

しかし、一般的には、

病気に合わせて栄養バランスを考慮し、

作られているキャットフードですから、

健康体に戻れたのであれば、なるべく食べない方が好ましいです。

 

健康な猫に与えても良いphコントロールは無い

とあるペットフードを取り扱う会社では、

phコントロールをシリーズ化し、

0~2の3段階で種類分けをしています。

 

これは、おしっこのphを酸性にする効果の違いを表しており、

数字が大きくなるに従い、その効果が穏やかになるという物です。

 

あくまで、尿のphをコントロールする為のキャットフードです。

 

それを、健康な猫もしくは改善した猫に、

「2」のphコントロールを与える方がいます。

 

元気な猫は、尿のphをコントロールする必要はありませんし、

これをする事により、

体を痛めつけてしまう可能性も無い訳ではありません。

 

つまり、健康な猫にphコントロールを与える必要は無いという事です。

 

phコントロールを食べさせる事は、

治療の一環です。

 

治療を必要としていない猫に

治療をする事は、猫を痛め付ける事に繋がると、

私は考えてます。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ