【温厚でやんちゃな猫】ブリティッシュロングヘアーの性格と特徴



neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回は、ブリティッシュロングヘアーの性格と特徴について

説明します。

スポンサーリンク

 

ブリティッシュロングヘアーの由来

ブリティッシュロングヘアー誕生の背景には、

血統種として広く知られる

ブリティッシュショートヘアーの絶滅回避の経緯があります。

 

ブリティッシュショートヘアーは20世紀前半に2度、血統種として絶滅の危機を迎えています。

このときにロシアンブルーペルシャとの交配が行われた結果、

短毛種と長毛種が生まれました。

 

このうちブリティッシュショートヘアーと認められたのは短毛種のみだったため、

長毛種の扱いが問題になってきました。

 

ペルシャのブリーディングに利用されるなど

あまりいい扱いを受けてこなかった長毛種ですが、

1990年代になって新たな血統種として認定しようという動きが起こり、

2009年にやっと猫の血統登録機関である

TICAに新たな血統種「ブリティッシュロングヘアー」として登録されたのです。

スポンサーリンク

ブリティッシュロングヘアーの特徴

誕生の経緯がブリティッシュショートヘアーの絶滅回避策にあるため、

基本的な体形や性格はブリティッシュショートヘアーに準じるといっていいでしょう。

 

顔つきは丸いですがスコティッシュフォールドと違って華奢ではなく、

どちらかというとがっしりとした体形をしています。

 

これはもともと家でネズミを捕っていた猫がルーツになっているためで、

血統種としては比較的体質が丈夫な部類に入るでしょう。

 

ブリティッシュロングヘアーの性格

温厚でのんびりとしていながらやんちゃな面があるという一見矛盾している性格も、

そうしたルーツを反映したものだといっていいでしょう。

 

ブリティッシュショートヘアーと大きく異なっているのは

その長い体毛ぐらいのものですが、

それゆえに外見が大きく違って見えるのが面白いところです。

 

ブリティッシュロングヘアーを飼う際の注意点

上にも書きましたが、ブリティッシュロングヘアーの猫種としての特質は、

ブリティッシュショートヘアーに準じています。

 

ブリティッシュショートヘアーが比較的手のかからない猫種ということもあり、

ブリティッシュロングヘアーもあまり手がかからない部類に入るでしょう。

 

人懐っこい割に孤独に強い性格ですが、

放置しすぎてストレスをためこんでしまわないように

多少注意する必要があるくらいでしょうか。

 

唯一違うのは長毛種ゆえに、

ブリティッシュショートヘアーよりも体毛のケアに手間がかかることです。

 

ただ、一般的な長毛種のように毛がからまるということがあまりありませんので、

1日に1回くしを通すくらいで十分と、

長毛種としては体毛のケアに手がかからない部類に入ります。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ