【お風呂で鳴く猫】鳴き声で変わる猫の気持ちを状況別に解説!!


【お風呂で鳴く猫】鳴き声で変わる猫の気持ちを状況別に解説!!

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

ニャー、アォーン、アウーとお風呂で鳴く猫は多いようです。

 

飼い主さんがお風呂に入っている間脱衣所で鳴き続けたり、

お風呂場で遠吠えしたり、湯船に浸かって鳴いたりと、

たちはいったい飼い主さんに何を訴えているのでしょうか?

 

猫の様子を見ながら鳴いている理由を考えてみましょう。

スポンサーリンク

 

猫の鳴き声の役割

猫と生活していると、私たちは

猫に向かって話しかけていることが多いと思いますが、

猫は私たちの言葉をどこまで理解しているのでしょうか?

 

また、私たちは猫の鳴き声から気持ちを読み取れているのでしょうか?

 

 

猫の鳴き声はコミュニケーションのための方法の一つですが、

猫同士は、あまり鳴き声を使っての会話をしていないといわれています。

 

母猫と子猫との交流や、危険なものへの警告や威嚇などを知らせる役割として

鳴くことはありますが、どちらかといますと

ボディランゲージでのやり取りの方が多いようです。

 

 

では、普段猫が鳴くことにはどのような意味があるのでしょうか?

猫の鳴き声は、私たちとコミュニケーションをとるときに使われています。

その多くは、猫が飼い主さんに注目してもらいたいためです。

 

私たちがいるところで鳴けば、「どうしたの?」と声をかけますよね。

猫は、自分が鳴けば飼い主さんが注目してくれることを

よくわかっているようです。

 

猫の鳴き方には何種類もありますが、

猫は鳴き方を変えることで気持ちを訴えようとしています。

 

では、お風呂で鳴く猫は飼い主さんに何を要求をしているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

お風呂場で鳴く猫の気持ち

猫がお風呂場に入って鳴いているの状況や

鳴き声をケース別に見ていきましょう。

 

お風呂場で遠吠え

お風呂場に入ると、

遠吠えのような「アォーン」という声で鳴く猫もいます。

 

この遠吠えのような鳴き声は、

お風呂に限らずいろいろな場所で聞くことがあります。

 

もともと野生として生活をしていた猫が

室内から外に向かって鳴いているのではないかともいわれています。

野生の名残りといえるのかもしれませんね。

 

猫のテンションが上がっているときにもこの鳴き方をします。

トイレハイ」って聞いたことありますか?

猫がウンチをする前や後にテンションが高くなる現象です。

 

トイレハイの行動はさまざまで、

砂をかけまくる、猛ダッシュして家の中を駆け回る、

猛然と爪をとぐ、そして遠吠えなどがあります。

 

ちなみにわが家の猫は、1匹は砂かけまくり、

1匹は遠吠えで、ウンチの後は大騒動です。

 

原因ははっきりとは分かっていませんが、

野生の頃からインプットされているとか、

無事に用を足せた安心感、また体の機能がかかわっていて、

排便中は副交感神経が刺激されていて、

用が済むと交感神経が活発になってハイになるともいわれています。

 

 

お風呂場に入るとハイテンションになって暴れ回る猫もいます。

水が流れているお風呂場は

猫にとってテンションが上がる場所なのかもしれませんね。

 

遠吠えするのも、

テンションが上がっているからと考えても不思議ではありません。

 

暴れずに静かに鳴く

お風呂でおとなしく「アウー」と鳴いていても、

鳴き続けているようでしたら怖いのかもしれないですし、

お湯の温度が合っていないのかもしれません。

 

飼い主さんが抱っこして湯船に浸かっている場合は、

お風呂の温度が高いかもしれません。

 

性格がおとなしい猫は、暴れることなく鳴き続けることで、

早く出たいと訴えることもあります。

 

もし猫がお風呂に浸かって気持ちがいいときには、

瞼を細めたり、うっとりしたりしています。

 

あるいはお湯が好きではしゃぐ猫もいます。

鳴き声と一緒に、猫の表情やしぐさもしっかり見て判断してあげましょう。

 

お風呂が嫌いで警告や威嚇する

意思表示をはっきりする猫は、お風呂が嫌いなら威嚇してくることもあります。

息を吐きながら「ウーゥゥゥウ」と唸っているときは

「怪我しても知らないよ」と警告しています。

 

さらに、空気を吐きながら「シャー」とか「フゥ」というときは、

警告より強い意味合いで威嚇しています。

 

お風呂でパニックになっていることもありますので、

このようなときには飼い主さんは要注意です。

 

猫はかなり怒っていますので、

噛まれたり引っかかれたりして怪我をしないように気を付けてください。

猫が落ち着くまで待ってあげましょう。

 

脱衣所で鳴く猫の気持ち

飼い主さんがお風呂に入っているときに

脱衣所でずっと鳴き続けている猫がいます。

 

いったい何を訴えているのでしょうか?

 

飼い主さんが見えなくて寂しい

少し心細げな鳴き方で「マォーウ」と鳴く猫は、

寂しくてどうしていいのかわからない状況といえます。

 

飼い主さんが仕事などで家を空けている時間が長いと、

帰ってきたら離れたくないのでしょう。

 

甘えん坊や寂しがり屋の猫に多く、

飼い主さんが見えなくなると近くで鳴き続けています。

 

もともとは孤独が好きといわれている猫ですが、

家族として愛されて生活していますので、

飼い主さんから離れることが不安になるんですね。

 

お風呂場への好奇心

猫は好奇心が強いので、飼い主さんがいる場所が気になって仕方がないのです。

どんなところか自分も入ってみたいという気持ちの表れと考えられます。

 

また水で遊ぶことが好きな猫もいますので、

入って遊びたいのかもしれません。

 

飼い主さんがお風呂に入っている間ずっと脱衣所で待っている猫の中には、

自分でおもちゃを持ってきて飼い主さんが

お風呂から出てくるのを待っている猫もいます。

 

絶対にそこから離れないという強い意思を感じますね。

 

もし脱衣所で鳴き続けているようでしたら、

飼い主さんがお風呂に入る前におもちゃを並べてあげるなどして、

猫の気持ちをほかの好きなものに向けてあげられるといいですね。

 

猫が脱衣所で待っているときは、

お風呂場から出るときドアをぶつけないように気をつけてあげてくださいね。

 

 

お風呂での猫の鳴き声についてお話ししてきましたが、

なかなか鳴き方で猫の気持ちをはっきりとつかむことはできません。

猫と人間との関係は解明されていないことが多く、

不思議な事ばかりかもしれません。

 

ですが、猫の鳴き声快か不快かを見分けるためにも、

鳴き声だけではなく猫の表情やしぐさを見てあげましょう。

 

 

猫の鳴き声から気持ちを読み取ることはとても難しいですが、

いつも生活を一緒にしている飼い主さんだからこそ

わかることってありますよね。

猫が要求していることを少しでも理解してあげて、

お風呂で過ごす時間を快適なものにしてあげましょう!

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ