怒っている訳じゃない!?猫が鳴きながら噛んでくる意外な理由



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

「猫が鳴きながら手足を噛んでくる……一体何を訴えているの?」

と疑問に思ってはいませんか?

 

実は、猫のこういった行為には、ある気持ちが込められているのです。

今回の記事では、

猫が鳴き声とともに噛みついてくる、意外な理由について解説していきます。

スポンサーリンク

 

猫が鳴きながら噛んでくるのはなぜ?

猫を飼っていると、

ニャーニャーと鳴きながら手足に噛みつかれることがありますよね。

 

「何もしていないのに、どうして噛まれるんだろう?」

と不思議に思うかも知れませんが、

実はこの行為には、

猫なりの理由があると言われているのです。

 

まずは、気になるそのワケについて紹介していきます。

 

猫が噛んでくるのは「遊ぼう!」というサイン

猫同士のコミュニケーションでは、

遊びたいときに相手に軽く噛みつくことがあります。

 

そのため、猫がたびたび鳴きながら噛んでくる場合には、

飼い主を遊びに誘っていると考えられるのです。

 

猫に噛まれた部分を動かさないこと

ただ、友好的な理由ではあっても、猫に噛まれると痛みを伴いますよね。

 

そんなとき、咄嗟に手足を引くと猫の狩猟本能が刺激され、

より攻撃的になってしまうことがあります。

 

少しでも傷を軽くするためには、噛まれた手足を引こうとせず、

逆に猫の口に押し込むとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

怒っている猫と遊びたがっている猫、見分け方は?

実は遊びたいサインだと分かった、

猫の鳴きながら噛みつくという行為ですが、

猫が怒っている場合との見極めが難しいこともありますよね。

 

無用な傷を増やさないためにも、

両者の違いを知っておいて損はありません。

 

ここでは、

怒っている猫と遊びたがっている猫の見分け方を解説していきます。

 

怒っている猫は威嚇してくる

猫が何かに腹を立て、怒りから飼い主に噛みつく場合、

「フーッ」あるいは「シャーッ!」といった、

威嚇の鳴き声を上げることが多いです。

 

また、遊びたがっているときとは違い、

表情も険しくなっているはずですよ。

 

猫が怒っているときはその場を離れるべし

猫が明らかに機嫌を損ねている際は、あまり構おうとせず、

静かにその場を離れることが大切です。

 

しばらくは顔を合わせないようにすることが、

猫の気を鎮める一助になります。

 

猫の噛みつきをなくす方法とは

たとえ遊びたい気持ちの表れでも、猫に噛まれるのは極力避けたいもの。

 

最後に、猫の噛みつきをなくす3つの方法をピックアップしていきます。

 

1.噛まれた手足をおもちゃと入れ替える

頻繁に人の手足を噛む猫は、

そもそも人を噛むことに抵抗がない場合があります。

 

そのため、手足を噛まれたら即座に代わりのおもちゃと入れ替えることで

「手を噛まないで、おもちゃを噛んだらいいのかな?」

と猫に学習させることが出来ますよ。

 

2.「痛い!」と顔をしかめながら言う

猫という生き物は、気ままに見えても意外と人の表情をよく見ています。

 

そこで、噛まれたら大げさに顔をしかめ、

感情を込めて「痛い!」と言うことで、

猫が雰囲気を読むようになると言われています。

 

3.先回りして遊んであげる

猫の性格が分かってくると、

遊びたがっている気配を察知できることがありますよね。

 

そんなときは、猫に噛まれる前に飼い主から遊びに誘い、

猫の欲求を満足させるようにしてください。

 

 

「遊ぼう!」という意味での猫の噛みつきは、

年齢とともにおさまることも多いんだとか。

猫に遊びに誘われなくなったら、それはそれで寂しいかもしれませんね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ