猫の膀胱炎治療において下痢は当たり前である真意とは?



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

膀胱炎の治療中、

猫が下痢をする事があります。

 

これは決して珍しい事ではなく、

どんな猫にも起り得る事です。

 

動物の体は、

1か所が悪くなると、

それにつられるかの様に、他の箇所まで悪くなります。

 

そこで今回は、

膀胱炎により下痢を起こす理由をご紹介致します。

スポンサーリンク

 

抗生物質という薬と猫の膀胱炎について

細菌感染症の疑いがある場合、

「【抗生物質】を出しておきますね。」

と話す獣医師は少なくないでしょう。

 

この様な場面に遭遇した時、貴方は、

抗生物質とは、

具体的にどの様なお薬か、お考えになった事はありますか?

 

もしかすると、

万能薬と勘違いされてる事は無いでしょうか。

 

抗生物質とは、主に菌と戦う為の薬です。

菌を殺したり、抑えたりする働きがあります。

 

また、抗生物質にも種類があり、

「細菌に作用する薬」

「ウイルスに作用する薬」

「真菌(カビ類)に作用する薬」等、様々です。

 

膀胱炎では、

主に細菌に作用する薬が使われています。

 

また、抗生物質は錠剤だけでなく、

注射や点滴として使用される事があります。

 

吐き気が激しく、錠剤が飲めない時等は、

注射により、摂取する事もあります。

 

スポンサーリンク

抗生物質が猫の下痢を引き起こす?!

前記にてご紹介した抗生物質はお薬です。

その為、副作用があります。

 

その1つが、今回のテーマでもある「下痢」です。

 

抗生物質は、菌を殺し、抑制する事がお仕事です。

しかし、良い菌と悪い菌を見極める力はありません。

その為、腸内環境を整えている善玉菌まで殺してしまいます。

 

こうして腸内が乱れる事により、

腹痛を起こし、下痢をしてしまうのです。

 

この様な場合、

同時に「乳酸菌」「ビフィズス菌」等が処方される事があります。

 

また、抗生物質は、長期間に渡り、服用していると、

効果が薄れてきます。

 

すると、

副作用だけが継続して起こる事となる為、

ある一定期間が過ぎても、症状に改善がみられない場合は、

治療法を切り替える事もあります。

 

処方食が合わないと猫が膀胱炎治療中に下痢になる可能性も

細菌が原因による膀胱炎は、

抗生物質を用いて治療していく

と、ご紹介してきました。

 

一方、結石・結晶が原因による膀胱炎は、

処方食を用いて治療していく事が、一般的です。

 

しかし、この処方食が体に合わない事があります。

 

処方食は、

「栄養バランス」「安全性」「消化性」「健康維持」等、

健康な体へと戻る為、高い品質を維持しています。

 

しかし、

その猫の特徴や生活環境等、

何らかの理由により、

その品質の高さが仇となる事があります。

 

その具体的な理由は、

まだ分かっていませんが、

「処方食を止めた途端に、下痢は治まった。」

と話す飼い主さんもいます。

 

万が一、酷い下痢を繰り返している様であれば、

一度、処方食をストップするか、

獣医師へ相談する事をオススメします。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ