【多彩な色の人懐っこい猫】マンダレイの由来と特徴



neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回は、マンダレイの性格と特徴について

説明します。

スポンサーリンク

 

マンダレイの由来

マンダレイはニュージーランドで作出されたバーミーズの名称です。

 

バーミーズと違ってポインテッドは持たずフルカラーとなっています。

違いはコートと瞳くらいなものです。

 

ちょうどサイアミーズとオリエンタル・ショートヘアの関係に似ています。

 

1980年代に、バーミーズと雑種の猫の交配により

偶然生まれた子猫が品種の始まりとなっています。

 

コートのカラーは、

エボニー(ブラック)やライラック(ラベンダー)など多彩なものでした。

 

1990年代に入ると、さらにシナモンやキャラメルカラーをとり込むために

アビシニアンとの繁殖プログラムも開始されました。

 

公認している団体はニュージーランドの

New Zealand Cat Fancy Inc(NZCF)のみで、

世界的にみればまだまだマイナーな猫種といえます。

スポンサーリンク

マンダレイの特徴

マンダレイの特徴は、

バーミーズの特徴を持ちながら、多彩なコートのカラーを持っている所です。

 

エボニー、ブルー、チョコレート、ライラック、シナモン、クリーム、

さらにそれぞれのトーティシェルまでマンダレイのカラーと認められています。

 

バーミーズとの交配も認められており、

生まれた子猫たちは毛色によって品種が振り分けられます。

 

ちなみに、バーミーズカラーでなかった子猫は、

すべてマンダリンとなります。

 

 

ボディは丸みのあるコビータイプです。

身体にそってピッタリと生えそろった被毛は、

サテンのようにつややかでさわり心地が格別です。

 

マンダレイの性格

マンダレイ性格は、人懐こく外交的といわれています。

だれにでもすぐに懐くため、

他のペットやお子さんがいるご家庭にも好まれる性格です。

 

鳴き声は比較的静かで、集合住宅でも飼いやすいといえるでしょう。

 

マンダレイを飼う際の注意点

子猫から選ぶときには、筋肉ががっしりしていて、

ずっしりと重い個体かどうかに注目しましょう。

丸みがあることも確認しておきます。

 

運動に関しては、充分なスペースを確保してあげる必要があります。

筋肉質の体型のため、高低差のある縦の運動ができる空間が理想的です。

 

ペット用品店などを覗けば、キャットタワーや登り木など、

サポートしてくれる家具は各種とりそろえられています。

運動量にあわせて、食事も高カロリー高タンパク、

高品質をこころがけましょう。

 

 

陽気で愛情深く遊ぶことが大好きなため、

飼い主とのコミュニケーションには気を配ってあげましょう。

 

一日一回ブラッシングしてあげると喜びます。

時間があるときには素手によるマッサージをしてあげるのも、

良好な関係を築くためには効果的です。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ