猫がダンボールを噛むのはなぜ?気になる原因&3つの対策



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

「少し目を離した隙に、

猫がダンボールをかじってボロボロにしていた……」

という経験はありませんか?

 

猫がダンボールを散らかすと、

飼い主としても掃除が大変になってしまいますよね。

 

今回の記事では、猫がダンボールを噛む原因と、

その対処法について解説していきます。

スポンサーリンク

 

猫がダンボールを噛む原因は?

そもそも、なぜ猫はダンボールを噛むのでしょうか?

 

初めに、考えられる原因について説明していきます。

 

1.歯がかゆい

ダンボールをかじるのが子猫の場合、

歯の生え変わりの時期でかゆみを感じている可能性があります。

 

歯の生え代わりが完了すれば自然と落ち着くため、

ある程度は許容してあげるようにしてください。

 

2.ストレス発散

同居の猫との関係や、孤独感といったストレスを発散するために、

猫がダンボールを噛むことがあります。

 

このケースでは、まずは猫のストレスを取り除くことが大切です。

 

3.独特の匂いが好き

ストレスなどのネガティブな理由ではなく、

「ダンボール特有の匂いが好き」という嗜好から、

ダンボールをかじる猫もいます。

 

4.構ってほしいというアピール

飼い主の在宅時間が短く、スキンシップが不足しているというとき、

猫は飼い主の気を引くために

ダンボールをボロボロにすることがあります。

 

5.狩猟本能の表れ

優秀なハンターである猫ですが、室内飼いの場合、

その実力を発揮する機会は少なくなっています。

 

そのため、湧き上がる狩猟本能をダンボールにぶつけることで、

満足感を得ていると考えられます。

 

スポンサーリンク

ダンボールをかじる猫、対策はある?

実はさまざまな理由があると分かった、

猫のダンボールを噛む行為ですが、

ゴミを部屋に散らかされるのは困りますよね。

 

では、猫がダンボールをかじってしまうとき、

飼い主はどのように対処すればよいのでしょうか?

 

ここでは、具体的な対策を3つ紹介していきます。

 

1.猫が噛んでもいい物を用意する

猫の興味をダンボールから逸らすような、

噛んで楽しむおもちゃを与えてみてください。

 

キャットニップなどが使われたおもちゃなら、

より猫の関心をそそることが出来ますよ。

 

2.ダンボール端にガムテープを貼る

猫がダンボールをかじる際は、

端の部分からボロボロにしていくことが多いですよね。

 

そこで、ダンボールの端にガムテープを貼り、

噛み心地を悪くすることで、

猫がかじるのを予防できると言われています。

 

3.飼い主が遊び相手になる

運動不足や、飼い主とのスキンシップ不足からくるストレスが原因で

猫がダンボールを噛むという場合には、

飼い主が積極的に遊んであげるとよいでしょう。

 

猫が満足するまで、しっかりと遊びに付き合うことが重要です。

 

猫がダンボールを噛む場合の注意点は?

猫がダンボールをかじる行為は、一見ただのイタズラに思えますが、

時には思わぬ事故につながることもあります。

 

最後に、猫がダンボールを噛む際の注意点について解説していきます。

 

ダンボールの誤飲・誤食に気をつけるべし

猫が単にダンボールをかじるだけでなく、飲み込んでしまっている場合、

腸閉塞を起こす危険性があります。

 

猫が食べた餌を嘔吐したり、便秘をしていたりするときは、

すぐに動物病院へ連れて行くようにしてください。

 

心配な場合は毛球除去剤を利用しても

とはいえ、猫が大量にダンボールを飲み込まない限り、

あまり神経質になる必要はありません。

 

病院へ行くほどではないものの、心配だというときは、

毛球除去剤を使用して排泄を促すとよいでしょう。

 

 

切っても切れない関係にある、猫とダンボール。

誤飲・誤食に気をつけながら、

しっかりと対策を講じるようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ