【知性と社交性を持つ猫】ピーターボールドの由来と特徴



neko_tokutyo02 cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

今回は、ピーターボールドの性格と特徴について

説明します。

スポンサーリンク

 

ピーターボールドの由来

『ヘアレス・キャット』と呼ばれる無毛種の猫としては、

最新の品種であるピーターボールド。

その歴史が始まったのは、1994年のことでした。

 

ロシアのサンクトペテルブルグに住む動物研究家、

オルガ・マロノワ氏は、ロシア原産の猫であるドンスコイに注目。

 

この猫の持つ無毛の遺伝子をもとに、

オリエンタルショートヘアとの交配を試みます。

 

その結果生まれた4匹の仔猫が、

現在のピーターボールドの原型となったのです。

 

 

その後の1996年、

ピーターボールドは国内の品種登録団体に認められ、

ほどなくしてTICA(世界猫連盟)などの国際機関からも公認を受けます。

 

最近ではシャム猫との交配が行われるなど、

現在も発展途上にある品種となっています。

スポンサーリンク

ピーターボールドの特徴

ピーターボールド最大の魅力は、その被毛にあると言えるでしょう。

 

無毛種に分類されてはいますが、顔や手足に被毛のあるものや、

針金状の被毛が生えているものなど、全部で5つのタイプが存在します。

 

どのタイプのピーターボールドも、

触れると赤ちゃんの肌のようにしっとりとした手触りで、

その感触にやみつきになる人も多いんだとか。

 

ピーターボールドの性格

ユニークな外見のピーターボールドですが、その性格はいたってペット向き。

非常に人懐っこくて愛情深く、飼い主の後をついて回ることこともあるそうです。

 

知性と社交性を持ち合わせ、

ほかのペットや子供ともうまく付き合うことが出来ると言われています。

 

また、その見た目に反して体が丈夫なことも、

愛される理由の一つとなっています。

 

ピーターボールドを飼う際の注意点

無毛種であるピーターボールドには、特別なケアが必要になります。

 

皮脂を吸収する被毛が少なく、肌に汚れが溜まりやすいため、

定期的に入浴させるようにしてください。

 

もし嫌がる場合は、蒸しタオルを当てて汚れを拭き取るなどの工夫をし、

肌を清潔に保ってあげることが大切です。

 

 

また、日焼けによるダメージを防ぐことも心がけましょう。

明るいうちに外出する場合には、

日焼け止めを塗るなどの紫外線対策を行ってくださいね。

 

そのほかは一般的な猫と同じように飼育することが可能です。

遊び好きなピーターボールドが退屈しないよう、

十分に動き回れるスペースで飼うようにしてください。

 

キャットタワーなどの遊具を設置することで、運動不足を防ぎ、

健康に長生きさせることが出来ますよ。

スポンサーリンク
share_neko01 

neko_tokutyo02

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ