【お風呂が苦手な猫】好きでなくとも慣れてもらう4つの方法


【お風呂が苦手な猫】好きでなくとも慣れてもらう4の方法

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

 

「愛猫にお風呂を好きになってもらいたい」

「蛇口の水で遊ぶのになぜお風呂は嫌いなの?」

お風呂が好きではない猫に悩む飼い主さんは多いようです。

 

でもお風呂嫌いを急に好きにするのは大変です。

好きにならなくても、まずお風呂に慣れてもらうことからはじめてみませんか?

スポンサーリンク

 

水が好きな猫もいる!

愛猫がお風呂を嫌がる姿を見ていると、

お風呂好きの猫って本当にいるの?」って疑問に思いますよね。

 

もともと猫の祖先のリビアヤマネコが砂漠で暮らしていたので

猫は水に濡れることが嫌いといわれていますが、

中には、泳ぐことが好きな猫や、自分からお風呂に入ってくる猫もいます。

 

泳ぎが上手なターキッシュバン

ターキッシュバンという水が好きな猫が発見されたのは1955年でした。

トルコの南東部を訪れていたイギリスの旅行者が、

湖で泳いでいる猫を発見したのです。

 

そしてその猫たちをイギリスに連れ帰って繁殖を始めました。

泳ぎが上手なことで知られているターキッシュバンですが、

 

現在繁殖されたり飼育されたりしているすべての猫が、

みな始めから泳げるとは限りません。

 

どんなものにも個体差があります。

 

 

ほかにも泳ぎが得意な猫がいます。

見かけはまるでチーターのように

ワイルドなスナドリネコ(漁猫)という種類です。

 

インドや東南アジアに生息している猫で、

漢字を見ただけで想像できると思いますが、

泳いで魚やザリガニなどを捕って食べています。

 

 

このように、もともと水が好きな猫種もいますが、

私たちが接している普通の猫でも、

なぜか水やお風呂が好きな猫もいます。

 

はじめからお風呂や水が好きな猫

猫がお風呂が苦手といっても、

すべての猫が嫌いということではありません。

 

飼い主さんについてお風呂に入ってきて、

洗面器で温まっている猫もいます。

 

また飼い主さんに抱っこされて、湯船でくつろぐ猫もいます。

 

他にもお風呂に浸かることはないけど、

蛇口から流れる水で遊ぶことが好きだったり、

浴槽の中に手を突っ込んだりして遊んだりしている猫もいます。

 

はっきりした理由はわかりませんが、

によって水へのこだわりはいろいろあるようです。

 

 

かつて友人の家に遊びに行ったとき、

猫が金魚鉢の横にきちっと座って、鉢の中に片方の手(前足)を入れて

ゆっくりかき回していたのを見たことがあります。

 

飼い主さんに聞いたらいつもやっているとのことでしたが、

理由はわかりませんでした。

 

金魚を襲うわけでもなく、水だけ混ぜている姿が不思議でした。

猫も人間と同じで、性格も好みも違うものだと思いました。

 

スポンサーリンク

猫は頻繁にお風呂に入れていたら慣れるもの?

お風呂が嫌いな猫に好きになってもらいたいので、

毎日入れていると聞いたことがあります。

 

毎日入れていれば慣れるものなのでしょうか?

 

どのようなことでも続けて行なえば、

慣れる可能性は高くなるかもしれません。

 

ですが、猫の場合は自分で

グルーミングしますので体が汚れない動物です。

 

一生お風呂に入らなくても大丈夫ともいわれています。

 

もし入れるとしても、

半年から1年に1回くらいでいいという獣医さんもいます。

 

お風呂が好きな猫の場合もっと頻繁に入れていることもありますが、

毎日は入れ過ぎといえます。

 

洗い過ぎ皮膚が乾燥し、被毛もぱさぱさになりますので、

せめて1カ月に1回ほどでいいのではないでしょうか。

 

 

また頻繁に入れたからといって、

絶対に猫がお風呂に慣れるともいえません

 

毎回嫌がっているのに無理やり押さえつけられていたら、

諦める猫もいるかもしれませんが、

もっと嫌いになることもあるでしょう。

 

では、少しでもお風呂に慣れてもらうにはどうすればいいのでしょうか?

 

猫のお風呂。こんな方法で慣れさせてみよう

猫にお風呂に慣れてもらう方法を4つお話しします。

 

お風呂場を遊び場にする

お風呂場遊び場にしてあげてみてはいかがですか。

猫にとって楽しい場所であれば自分から入っていきます。

 

先ほどお話ししましたように、

流れる水で遊ぶことが好きな猫はたくさんいます。

 

蛇口から水を少し流して、お風呂のドアを開けておいてください。

 

はじめは入口でじっと見ているだけかもしれませんが、

そのうち水を触ろうとします。

 

少し時間がかかるかもしれませんが、慣れるまで見守ってあげてくださいね。

 

 

慣れてきたら、ぬるま湯をはった

洗面器おもちゃをプカプカと浮かべてみましょう。

 

飼い主さんが一緒におもちゃで遊んであげれば喜びます。

 

はじめ恐る恐る手を入れる程度かもしれませんが、

そのうち体が濡れても平気になるでしょう。

 

お風呂場で遊ばせるときには、

猫が舐めて困るものは置かないようにしてくださいね。

 

はじめシャワーは使わない

お風呂嫌いにならないためには最初が肝心です。

 

最初に怖い思いをさせてしまうとずっと嫌いになってしまうこともあります。

 

できれば子猫の頃から慣らせれば

一番いいですが、なかなかそうもいきません。

 

飼い主さんが猫をお風呂に入れてみて、

嫌いだったと知ることも多いですよね。

 

 

猫をお風呂に慣らすには、

できる限り静かに入れてあげることを考えましょう。

 

はじめからシャワーをかけると驚きます。

洗面器たらいなどにぬるま湯を入れて、

手で少しずつお湯をかけてあげましょう。

 

まず、濡れても大丈夫か確かめましょう。

暴れたり威嚇したりしないようでしたら

シャンプーを少しつけて洗ってあげてください。

 

はじめは、洗うことより慣れることが大事です。

 

寒い時期が狙い目

お風呂場に行くことに慣れたら、

寒い時期にお風呂に入れることもおすすめです。

 

お湯に浸かったときポカポカしていて

気持ちいいと理解できる猫もいます。

 

中には病みつきになる猫もいるようです。

 

寒い時期なので、お風呂からあがったら

体が冷えないように暖かい部屋で早めに乾かしてあげてくださいね。

 

普段から体を触られることに慣れてもらう

体を触られることがあまり好きでない猫もいます。

 

お風呂に入ったときシャンプーで体を洗っても嫌がらないように、

普段からブラッシングなどをして慣らしておきましょう。

ブラッシングは抜け毛の対策にもなりますので一石二鳥です。

 

 

このようにお風呂に慣れてもらうことが第一ですが、

みな個性が異なりますので、

これなら絶対という方法はありません。

愛猫のストレスにならないように、様子を見ながら試してみてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ