猫が人を噛むときの叱り方って?押さえたい2つのポイント



cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

「噛み癖のある猫を叱りたいけれど、

一体どんな風に言い聞かせればいいの?」

と悩んでいる人も多いはず。

 

今回の記事では、

猫が人に噛みつく場合の叱り方について、

押さえておきたい2つのポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

 

猫のしつけは“その場で”行うことが肝心

噛み癖のある猫を叱ってしつける場合、叱り方だけでなく、

叱るタイミングにも気をつける必要があると言われています。

 

まずは、猫を叱るのに最適なタイミングについて解説していきます。

 

猫はその場で叱らないと理解できない

猫が持つ知能は、人間で言う乳幼児程度だとされており、

悪さをしたらその場で叱らないと理解することが出来ません。

 

つまり、「お昼に手を噛まれたことを思い出して、夕方にお説教する」

というように、後から言い聞かせても意味がないのです。

 

猫の噛みつき癖を直すためには、噛まれたらその場で叱り、

後には引きずらないようにしてください。

 

ケージに閉じ込めるのは逆効果

また、猫に噛まれたからと言って、

罰としてケージに入れるのは逆効果になります。

 

狭い場所に閉じ込められることは猫のストレスになる上に、

ケージから出された後は解放感でいっそう興奮し、

噛み癖がエスカレートすることも。

 

スポンサーリンク

猫の噛み癖を直す叱り方って?

では、具体的には一体どんなやり方で、

噛み癖のある猫を叱っていけばよいのでしょうか?

 

ここでは、猫を叱る際に守ってほしい2つのポイント

を紹介していきます。

 

大声で騒ぐのはNG

猫に手足を噛まれると、つい悲鳴を上げたり、

「痛ーい!」と叫んでしまいそうになりますよね。

 

しかし、こうした声はますます猫をヒートアップさせ、

噛みつきを助長してしまうことが多いのです。

 

特に、子猫の場合は「噛むと反応してもらえる=楽しい

と感じてしまうため、

噛まれても不用意に大声を出すのは避けるようにしてください。

 

低い声で厳しく叱るのがコツ

猫の噛み癖を改善させるには、感情に任せて怒るのではなく、

低く厳しい声音で叱ることが重要です。

 

「ダメでしょ!」や「こら!」といった言葉を使い、

落ち着いてキッパリと意思表示をすることで、

猫に嫌がっていることを理解させることが出来ますよ。

 

噛み癖の原因についても探るべし

ポイントを押さえた叱り方が効果的だと分かった猫の噛み癖ですが、

その原因は一体何なのでしょうか?

 

最後に、考えられる理由と、

叱る以外の対処法について説明していきます。

 

親猫との早すぎる別離が一因となることも

生まれて間もなく親兄弟から引き離された猫は、

猫同士のじゃれ合いを経験していない場合があります。

 

そのため、力加減が分からず、

甘噛みのつもりで飼い主を傷つけてしまうことも。

 

猫同士のコミュニケーション

噛み癖をなくす助けになることも多いため、

よその猫と遊ばせたり、多頭飼いにしたりすることで、

噛み癖がおさまるケースもあります。

 

ストレスから噛み癖がつく場合もある

また、環境の変化や孤独感といったストレスが原因で、

猫が飼い主を噛むようになることもあります。

 

こういった場合は、しつけではなく

ストレスを取り除くという対処が必要だと言えるでしょう。

 

 

その場で厳しく叱ることが有効だと分かった、猫を噛み癖の矯正。

その原因にも目を向けつつ、

根気強く言い聞かせるようにしてくださいね。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ