猫の【膀胱炎】は餌の管理が大切!知っておくべき3つの知識


猫の【膀胱炎】は餌の管理が大切!知っておくべき3つの知識

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

膀胱炎を発症する理由の1つに、

餌の管理が挙げられます。

 

猫は遊び食いをする生き物です。

 

これは習性であり、

野生を生き抜いた時の名残です。

 

今回は、

この様な習性を理解して頂いた上で、

膀胱炎と餌の密接な関係性についてご紹介致します。

スポンサーリンク

 

猫の膀胱炎とは?

膀胱炎とは、

膀胱(※)に炎症が起こる病気です。

 

主な原因

「細菌・真菌」「結石晶」等により、

膀胱粘膜が傷ついて起こります。

 

しかし、

猫の尿は、人間に比べ濃度が高い為、

細菌による発症(細菌性膀胱炎)を発症する可能性は、

あまり高くありません。

 

猫における膀胱炎の主な症状

  1. 血尿
  2. 苦しそうに排尿する
  3. トイレの回数が増える
  4. 自力では、中々、尿が出ない

以上の症状が、主に見られます。

 

また、

症状が悪化すると、

お腹や腰を触られる事を

極端に嫌がる様になります。

 

猫の膀胱炎の主な治療

原因が「細菌・真菌」による場合、

抗生物質や抗真菌剤を投与します。

 

 

原因が「結石晶」の場合は、

「外科手術」「膀胱洗浄」等を行う事が多く、

その時の症状等により、

治療方法が変わる事が一般的です。

 

【解説】

(※)膀胱(ぼうこう)とは?

腎臓から送られてきたようを、一時的に溜めておく器官です。

尿が、魚の様に垂れ流しになっていると、

その匂いを辿った天敵に発見され、捕食されてしまう為、

膀胱が発達したと言われています。

 

スポンサーリンク

餌で猫の膀胱炎は防げる?

一番良い方法は、

水を沢山、飲ませてあげる事です。

 

これにより、「菌類」や「結石晶」を

体外へ出ていく確率が上がります。

 

しかし、猫は水をあまり飲まない動物である事は有名です。

 

そのため「器の種類を増やす」

「部屋の様々な箇所に水を置く」等、

工夫が必要です。

 

 

また、バランスの取れた良質なフードを与える事も大切です。

 

猫は肉食動物です。

穀類や野菜等を与え続けていると、

栄養バランスが偏ってしまいます。

 

動物病院やネットショップ等で、

膀胱炎を患っている動物用フードも売られています。

 

一度、チェックしてみるのも、

良いのではないでしょうか。

 

猫の膀胱炎治療の食事とは?

膀胱炎を治療する上で、

食事は治療の為の第一歩です。

 

膀胱炎になる猫の生活の特徴として、

  1. 置き餌がされている
  2. ドライフードが主食

以上2つが、食事面において見られる特徴です。

 

置き餌がされている場合

食事をちょこちょこと食べてしまいます。

 

これにより、食事の鮮度が保たれず、

劣化してしまう可能性が大いにあります。

 

その為、「高齢猫」「子猫」

また、「気温が高い」「季節の変わり目」等、

これらの特徴がみられる場合は、

尚の事、食事をこまめに管理してあげましょう。

 

 

続いて、主食がドライフードの場合です。

 

ドライフードは他の食事に比べ、

水分が少ない為、

より、水を飲む必要があります。

 

しかし、水分補給をあまりしない猫にとっては、酷な話です。

 

その為、「ウェットフード」「手作り料理」等、

なるべく、水を飲まずに

水分を補給できる食事に変更する事も、

検討してみては如何でしょうか。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ