歯磨き嫌いを克服しよう!綿棒歯磨きの知識3選


歯磨きをしてない猫に起こる悲劇3選

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

 

綿棒による歯磨きは、

良い事ばかりではありません。

 

しかし、歯磨き嫌いを克服させる為には、

良い道具ではあります。

 

今回は、綿棒による歯磨きのメリット・デメリットと、

体験談に基づく、歯磨き嫌いを克服する方法をご紹介致します。

スポンサーリンク

 

綿棒による歯磨きのメリット

常に新しい

「歯磨きの度に、新しい道具を使い、

歯磨きをする事で出来る。」

という理由から、

綿棒により、歯磨きをする飼い主さんもいます。

 

猫の歯ブラシは、

買い替えの時期も分かりにくい為、

長期間、使い続けてしまう飼い主さんも少なくありません。

 

歯や歯茎を傷付けにくい

綿棒で歯を磨く場合、

歯磨き粉を付ける事が必要です。

 

何故なら、

乾燥している綿を

直接、歯や歯茎に付ける事は、

傷付ける原因となり、悪影響の為です。

 

 

しかし、歯磨き粉を付けてしまえば、

綿は水分を含み、柔らかくなりますので、

歯ブラシに比べれば、

傷付けにくくなります。

 

体が弱ってきている高齢の猫や、

歯磨きのトレーニング中の子猫に、

使用すると、良いでしょう。

 

スポンサーリンク

綿棒による歯磨きのデメリット

汚れが落ちにくい

綿棒は、

「汚れをかき出す」というよりは、

「汚れをふき取る」事により、

口の中をキレイにします。

 

これは、

行わないよりは良い事ではありますが、

歯ブラシと比較してしまうと、

大分、効果が落ちてしまいます。

 

歯磨きを嫌がらない猫や元気な猫には、

歯ブラシによる歯磨きをオススメします。

 

歯磨きがしにくい

これは、筆者の体験談ですが、

「切歯」「犬歯」と呼ばれる手前の歯は、

綿棒の方が、持ち手が短い分、磨き易いです。

 

しかし、

「前臼歯」「後臼歯」と呼ばれる奥歯に、

綿棒を入れてしまうと、

長さが若干足りない分、

上手に歯が磨けませんでした。

 

 

また、奥歯は山型だけでなく、

谷型の歯もある為、

尚の事、苦戦しました。

 

用途により、使い分ける事は良いでしょうが、

全ての歯を綿棒で賄う事は、

難しいのではないでしょうか。

 

【体験談】歯磨き嫌いを克服する方法

筆者の飼い猫は、歯磨きが嫌いでした。

 

それは、飼い猫の時、

筆者が歯磨きのトレーニングをしてあげなかった為です。

 

 

しかし、生後1年前後の猫でも、

まだ、歯磨き嫌いを克服させる事が出来ます。

その為に、私は綿棒を使用しました。

 

きっかけは、私が耳かきをしていた時です。

 

人間の耳の近くで動く、綿棒の先が気になったのか、

猫は食事を止め、綿棒を目で追っていました。

 

最初は、遊びのつもりで、

猫の前で新品の綿棒を動かしていました。

 

 

すると、猫が綿棒の匂いを嗅ぎ始めました。

少しずつ、綿棒に鼻を近づける内に、

口に当たっていました。

 

そこで、

綿棒を、少し強引に口に当てると、

綿棒をかじり始めました。

 

かじっているので、

口の中で少し動かしてみると、

嫌がりませんでした。

 

食べてしまってはいけないと思い、

綿棒を取り出すと、

先程の食べかすが付いていました。

 

これを毎日繰り返す事により、

猫は、口に物を入れられる事を嫌がらなくなりました。

 

 

現在、細やかな歯磨きをする為の、

長時間の歯磨きは、出来ていませんが、

1回の歯磨きにつき、

片方だけであれば、

奥歯の歯磨きをさせてくれる様になりました。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ