【どんな時に使うの?】猫用歯磨きガムの上手な与え方3選


【どんな時に使うの?】猫用歯磨きガムの上手な与え方3選

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

歯磨きガムは、

おやつであり、デンタルケアである為、

一石二鳥です。

 

しかし、歯磨きガムだけでは至らない事もある為、

補足のケアとして使う事をオススメします。

 

今回は、

歯磨きガムの正しい使い方についてご紹介致します。

スポンサーリンク

 

猫用歯磨きガムの特徴

歯磨きガムの最大の利点は、

猫が喜んでデンタルケアをしてくれる点です。

 

歯ブラシを使うと、

どうしても嫌そうな顔をされてしまいますが、

歯磨きガムであれば、

猫の方から欲しがる事もあります。

 

また、時間が掛かりません。

 

歯ブラシの場合、

歯を磨いている時間があります。

 

しかし、歯磨きガムは、

与えてしまえば、

後は放っておいても構いません。

 

 

もちろん、歯磨きガムにも欠点もあります。

 

それは、健康志向の飼い主さんが

気になりがちな、原材料です。

 

保存料や着色料等、

栄養や健康においては不必要な物が含まれている製品が多い為、

そうではない、

お気に入りの自然派の歯磨きガムを見つけ出すのは、

中々、難しいと思われます。

 

 

また、猫は丸飲みをする為、

歯磨きガムを丸飲みし、

喉に突っかかってしまう事が稀にあります。

 

しかし、猫の体は吐く様に出来ている為、

この様なケースは稀です。

 

スポンサーリンク

猫の歯磨きガムと歯ブラシの併用について

歯ブラシで、上手に歯磨きが出来ない場合、

歯磨きガムを併用する事をオススメします。

 

筆者は、奥歯の歯磨きが苦手な為、

歯磨きガムを使用しています。

 

順番としては、

まず、歯ブラシで歯磨きをし、

出来る限りキレイになった事を確認すると、

歯磨きガムを与えています。

 

希望としては、

奥歯でガムを噛んで欲しいのですが、

毎回、思った通りには食べてくれないので、

その様な時は、一度に2つ与える事もあります。

 

それ以上、与える必要がありそうな時は、

時間をおいてから与える様にしています。

 

 

そのお陰か、

少し黄ばみが見られていた飼い猫の歯は、

今では白く、輝いています。

 

注意点としては、

歯磨きガムにカロリーがある事を忘れない事です。

 

歯磨きガムを与える日は、

いつもより食事の量を減らし、

太らない様に心掛けています。

 

猫と犬用の歯磨きガム

常に、様々な飼い主さんから、

「犬用の歯磨きガムを猫に与えても良いものか?」

と、質問を頂く事があります。

 

この場合、

私は、与えない事をオススメしています。

 

 

まず、サイズです。

猫と犬では、骨格から異なります。

 

犬には、歯磨きガムとして活用できるにしろ、

猫では、大きすぎたり、硬すぎたりする為、

歯が折れてしまうケースもあります。

 

 

次に、種類です。

日本では、当たり前の様に、

「犬派」「猫派」と話しをします。

 

この質問の通り、

犬と猫は、異なる種類の可愛い動物です。

 

同じ物を与えて良い場合と、そうでない場合があるので、

犬には、犬用の歯磨きガムを与え、

猫には、猫用の歯磨きガムを与えましょう。

 

 

しかし、例外もあります。

 

歯磨きガムでは、

あまり見掛ける事はありませんが、

歯磨き粉の場合、

犬・猫兼用と書かれた物が売られている事があります。

 

この様な商品は、

犬・猫、どちらも使う事が可能な為、

使用は可能です。

 

最後に、

何故、「犬用の歯磨きガムを猫に与えよう」と考えたのかを伺うと、

「ペットショップの店員さんに勧められたから。」

という理由が大半です。

 

ここで注意して頂きたいのは、

ペットショップの店員さんは、

動物に関する専門的な知識を持っている方があまりいない事です。

 

当時、私は勉強の為、

ペットショップでアルバイトをしていましたが、

動物に関して、専門的な知識を持っている従業員は、

店長と副店長のみで、

他の従業員は、動物に関する知識は殆どありませんでした。

 

ペットショップによっては、

店員さんは、陳列やレジ打ち等が主な仕事となります。

 

その為、店員さんに話を聞く場合、

子犬や子猫が展示されている

生体コーナーの従業員に聞いた方が、

無難な場合があります。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ