【重曹で歯磨き】猫の歯を重曹で健康にしよう!


【重曹で歯磨き】猫の歯を重曹で健康にしよう!

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

重曹は、多方面で活躍している、

スーパーアイテムの1つです。

 

その1つに、

人間が重曹でうがいをする様に、

猫の歯磨きにおいて、重曹は活躍する事が出来ます。

 

今回は、猫と重曹の魅力についてご紹介致します。

スポンサーリンク

 

重曹とは?

近年、お掃除アイテムとして

お馴染みの「重曹」ですが、

イマイチ、どの様な物であるか、分からない、

という方も多くいらっしゃいますので、

まずは、重曹についてお勉強しましょう。

 

重曹は、

「ふくらし粉(※)」「胃薬の成分」等として、

昔から使われてきました。

 

また、スーパーやディスカウントショップ等で

簡単に入手する事が出来るので、

お役立ちアイテムとして、重宝している方も多くいます。

 

ここで、知っておくべきポイントがあります。

 

重曹にはランクがあります。

それは、「食用」と「そうでない」重曹です。

 

食用でない重曹を、

歯磨き粉の代用として使用する事は非常に危険です。

 

食用であるか否かは、

パッケージに記載されています。

 

ご使用前には、確認を怠らない事をオススメします。

 

【解説】

(※)ふくらし粉とは?

ベーキングパウダーの事です。

パンやケーキを作る際、使用します。

 

スポンサーリンク

重曹で猫の歯磨きをする4つのメリット

重曹で歯磨きをすると、以下の様なメリットがあります。

 

虫歯予防

虫歯は、糖分などを利用し、を作ります。

この「酸」によって、虫歯は進行します。

 

そこで、アルカリ性である重曹を使用する事により、

中和し、虫歯の進行をストップすると言われています。

 

口臭予防

虫歯などにより、

口内が「酸性」になると、

菌が増殖し、口臭の原因となります。

 

虫歯予防同様、

重曹により、「アルカリ性」となり、

菌が弱体化し、口臭が予防される事となります。

 

歯石の除去

重曹には、研磨効果があります。

 

その為、取れにくくなってしまった歯石でも、

除去する事ができる、と言われています。

 

歯槽膿漏の改善

歯槽膿漏とは、

歯周病菌が活発になる事により、

現れる症状です。

 

つまり、歯周病の末期です。

歯がグラグラし、

最終的には抜け落ちてしまいます。

 

この対策として、

重曹による歯磨きは効果的と言われています。

 

重曹で猫の歯磨きをする2つのデメリット

何事も、良い点もあれば、そうでない点もあります。

 

エナメル質を傷付ける

歯石除去でも、

少しお話しを致しましたが、

重曹には研磨効果があります。

 

これは、歯石除去においては、

有効と言われています。

 

しかし、

あまり頻繁に使用していると、

歯のエナメル質が傷ついてしまいます。

 

その為、重曹により歯磨きは、

週に1回、特別な歯磨きとして使用する事をオススメします。

 

飲み込んではいけない

重曹には、塩分が含まれています。

猫の小さな体には、危険です。

 

歯磨き後は、出来れば、

口内を水で洗う事をオススメします。

 

難しい場合は、

清潔なガーゼで拭き取る等、

歯磨きを終えた後の、

アフターケアを忘れない様にしましょう。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ