【歯磨き粉は必要?】イマドキ猫の歯磨き事情とは!?


【歯磨き粉は必要?】イマドキ猫の歯磨き事情とは!

cat_foods02 cat_cherubims01 意外と費用が掛かる 猫の病気とケガ。 「お金がない…」を防ぐには?

私たち人間は、

歯を磨く際、当たり前の様に、

歯磨き粉を歯ブラシに付け、

歯を磨いています。

 

これは、猫が歯磨きをする際にも、行うと良いでしょう。

 

今回は、猫に使う歯磨き粉についてご紹介致します。

スポンサーリンク

 

歯磨き粉の利点

歯磨き粉の利点は、

何と言っても、口内環境の改善です。

 

歯ブラシが苦手な猫や飼い主さんでも、

歯磨き粉をつけておけば、

多少、粗末な歯磨きになってしまったとしても、

歯磨き粉を付けていない時に比べ、

口内はキレイになっています。

 

これは、極端な言い回しかもしれませんが、

「舐める」「銜える」だけで、

口内が清潔になる効果がある

とも言われています。

 

 

また、人間が使用する歯磨き粉とは違い、

歯磨きの後、すすぐ必要がありません。

 

現在では、猫が喜ぶ味や香りがついた歯磨き粉が多く販売されており、

歯磨き粉を食べたいが為に、

歯磨きをさせる猫も増えています。

 

 

また、歯磨き粉は、

ペットショップや動物病院、通販等、

身近な場所で販売されている為、

手軽に買う事も可能です。

 

スポンサーリンク

人間の歯磨き粉は使用不可

「人間の歯磨き粉を使っても、問題は無いだろう。」

と、考えた方。ちょっと待って下さい!

 

多くの人間用歯磨き粉には、

キシリトール(※1)が配合されています。

 

猫においては、キシリトールは時として、「毒」になり得ます。

 

人間用として売られている物は、

人間を基準として、安全を考慮し、製造されています。

 

基本的には、

猫には猫の歯磨き粉を使う様にしましょう。

 

【解説】

(※1)キシリトールとは?

食事をすると、歯のエナメル質の結晶は溶け出します。

それを食い止める働きをしているのが、唾液です。

キシリトールは、その唾液の働きを助け、歯の再石灰化に

一役買っています。

但し、人間におけるキシリトールの役割です。

 

歯磨き粉を卒業する時

「歯磨き粉は必要?」

と、プロの方にお話しを聞いた事がありました。

 

トリマーの方にお話しを伺うと、

「歯磨きの際、歯磨き粉は無くても良い。」

との意見を度々、耳にします。

 

詳しくお話しを伺うと、

「歯ブラシやガーゼ等で、

 食べかすや歯垢等、

 歯に付着した汚れを

 こまめに(この場合、食事が終了する度)取り除いてあげる事が、

 歯にとっては一番健康的なケアとなる。」

との見解を伺いました。

 

獣医師の方にも、同じ質問を投げかけた際、

トリマーと同じ意見の他に、

「猫用の歯ブラシは、柔らかく出来ているものの、

歯周病など、

 口内トラブルを抱えていると、

 どうしても歯や歯茎を傷付けてしまうがある。

 

その為、

 薬用の歯磨き粉を使い、

 歯や歯茎を少しでも傷付けない為の

 ケアをする様にしている。」

との事でした。

 

 

動物に携わる方は、

まず、健康被害を起こさない為の予防策について、

説明をする事が多く、

また、予防策に重きを置いている様に受け取れました。

 

実際に健康被害を抱えてしまった際の対応の方が、

不得手であるのかと、感じています。

 

 

あくまで私の見解ではありますが、

飼い猫が健康な内に、

今ある健康をいかに長く継続させる事が出来るかについて、

獣医師などに相談する事が、賢い選択なのではないかと考えます。

スポンサーリンク
share_neko01 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

top_button02
TOPへ